転職エージェントとの面談で聞かれる内容3つとしておくべき準備

  • 面談

目次

  1. 転職エージェントとの面談に必要な準備とは?
  2. 面談当日に必要な持ち物
  3. 転職エージェントとの面談内容と流れ
  4. 面談の時間は「60~90分」が一般的
  5. 面談場所はどこ?服装はどうすべき?
  6. 転職成功率が上がるおすすめ転職エージェント3選
  7. まとめ
女性

転職エージェントを利用する際、前準備なしに相談することは可能です。実際に、何をやりたいのかが自分でも分からない、自分にどのような適性があるのか分からないと相談する人は多くいます。

しかし、"とにかくおすすめの求人を紹介して欲しい"という相談内容では提案できる企業の幅が広すぎてしまい、条件面が合わなかったり興味のない仕事を提案されてしまったりするなど、無意味な面談になってしまう恐れがあります。
面談は基本的に1時間程度なので、相談するのであれば有意義な時間にしたいですよね。それでは、転職エージェントと面談する前に何を準備しておけばいいのでしょうか?

「転職理由」や「希望年収」などの内容は事前に考えておく

有能なコンサルタントであっても、何も情報がない状態では求職者の志向に合った求人の提案はできません。そこで、最低限以下の内容は面談時に伝えられるよう準備しておきましょう。

面談前に済ませておくべき最低限の準備

■転職理由
今の会社にどのような不満を持っているか、なぜ転職したいのかを伝えることで、現職と同じような企業を提案されることが無くなります。
■次のキャリアでやりたいこと
漠然としていても構いません。今回の転職活動で何にこだっていきたいかを伝えましょう。こんな仕事がしたい、これまでの経験を活かしてキャリアアップしたいなど。
■最低希望年収
いざ内定を獲得しても、年収が希望と合わなければ辞退を考えてしまう可能性が高くなります。最低でもこれくらいの年収は欲しいと伝えましょう。
■履歴書と職務経歴書
簡単な下書きでも構わないので、履歴書と職務経歴書を転職エージェントに提出してください。今までの経験を活かせる企業、今のスキルで挑戦できる企業をコンサルタントが判断しやすくなります。

パソコン

転職エージェントとの面談では持ち物の指定が無いことがあります。しかし、持って行くと役に立つ物があるのでご紹介します。

面談時にあると役立つ持ち物

  • 履歴書(写真添付)
  • 職務経歴書(下書きでOK)
  • 筆記用具
  • ノート

履歴書と職務経歴書は転職エージェントに修正ポイント直接書き込んでもらうので、下書きでも構いません。写真も持っていく理由は、業界によってスーツではない方がいいケースがあるので(アパレルやデザイン業界など)転職エージェントに確認してもらいましょう。
筆記用具とノートは質疑応答時に使用します。あらかじめ質問をまとめておくと抜け漏れをなくせます。また、履歴書と職務経歴書の修正点や転職アドバイスを整理して書けるように、小さなメモ帳よりもノートの利用をおすすめします。(ちなみに、小さなメモ帳へ記入する時は自然と姿勢が前屈みになりやすく、見ている側に悪い印象を与えるので注意してください)

手ぶらで行ったらかなり怒られました...

面談設定時にとくに「○○を持ってきてください」と指定されなかったので手ぶらで行きましたが、軽くお互い自己紹介をした後に「まず履歴書と職務経歴書を見せてください」と言われました。しかし、手ぶらで持ってきていなかったので「ありません」と答えると、「実際の面接でもそんなことするの?」と怒られました。だったら事前に言ってくれればいいのに...と最初は思いましたが、たしかに社会人としての臨み方ではなかったと反省しています。(26歳/男性/IT)

相談

転職エージェントの利用にあたって、どんな内容の面談がどのような流れで実施されるのか気になると思います。特に初めて利用する方は不安でいっぱいでしょう。以下では、面談開始から終了までの流れを大きく3つに分けて簡単にご説明します。

1.キャリアの棚卸し

面談が始まってすぐに求人を提案されることはありません。まずは転職エージェントのヒアリングから始まり、今までにどのような企業でどんな仕事に従事してきたのか、キャリアに関する質問をされます。転職エージェントはキャリアの棚卸をすることで、求職者にどんな求人を勧めるのがベストなのか判断するのです。

2.求人の提案

次に、面談でのヒアリング内容をもとに求職者の志向に合った求人を準備して提案します。どんな仕事がしたいのかや希望年収はいくらなのかなどを事前にヒアリングしてくれるので、ミスマッチは少ないでしょう。
早ければ面談中の紹介が可能ですが、後日メールで案内が届く場合もあります。

3.選考対策

応募求人が決まったら選考対策を実施します。選考対策の内容は、主に履歴書・職務経歴書の添削と面接対策です。面談の段階で書類の添削をする場合がありますが、応募企業にあわせてアドバイスをくれる場合もあります。
面接対策は基本的に希望者のみの実施になるので、必要であればお願いをしましょう。内定率が上がる模擬面接などを実施してくれます。

時計

転職エージェントで行う面談は60~90分が一般的です。転職エージェント側は60分を想定していますが、相談内容が複雑な人や質問が多い人もいるため30分多めに確保しています。

ちなみに、転職エージェントは面談が終わると時間を確認し、面談内容と面談時間を比較しながら「話の内容のわりに時間のかかる人だったな」「簡潔に分かりやすく話す人だったから早く終わった」など、自分の中で評価をつけて売り込み順位を決めることもあります。

面談を行う時間帯は希望を優先してくれる

面談はどこの転職エージェントでも予約制になっています。求職者の都合に合わせて予約が取れるように案内してくれるので、予約前に日付と時間帯を第3希望まで考えておきましょう。
就業中で中々時間が取れない人のために、18時以降の夜間面談や土日祝の休日面談も行っています。しかし、転職エージェントによっては夜間面談や休日面談の実施日が決まっている場合があるので、予約時に確認しましょう。

男性

面談場所は転職エージェントが指定します。しかし、仕事場や自宅から指定された場所が遠い場合は出張面談を行ってくれることもあるので、指定場所に行けない時は遠慮なく相談してください。
また、服装についての規定はありません。転職エージェントから「平服で起こしください」や「私服で構いません」という案内があります。その際には、オフィスカジュアルや自分が所属している「業界では普通」と思われている服装で問題ありません。

面談場所

転職エージェントのオフィス、求職者の最寄り駅(職場または自宅)にあるカフェ・喫茶店

服装

スーツを着用すれば失敗はしません。清潔感があれば業界基準の服装で可。ジャケットを着用しているときちんと感が出るのでおすすめ

男性

転職活動を進めてみると、「自分に合った企業が分からない」「目移りして求人を絞れない」「書類選考に通らない」「面接対策に自信がない」など様々な問題に悩まされると思います。そういった人は、このままひとりで転職活動を進めても失敗して長引かせてしまうだけでしょう。ブランク期間や経済面、今後のキャリアのことを考えると、スケジュール通り効率的に転職を成功させたいものです。

そんな時にぜひ頼ってほしいのが「転職エージェント」です。転職支援のプロであるエージェントに相談すると、自分の希望や性格に合った優良求人の紹介、履歴書・職務経歴書の添削&アドバイス、面接対策などをしてくれます。転職エージェントを利用しなければこれらのサポートを受けられませんが、登録して相談するだけで転職成功率を高めることが可能です。転職での悩みはひとりで抱えて自己解決するよりも、プロからの客観的なアドバイスを参考にした方が失敗するリスクを簡単におさえられます。
利用は無料なので、まずは気軽に相談だけでもしてみると、転職成功のカギを見つけられるでしょう。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職業界で求人数と実績で圧倒的なNo.1を誇るのが「リクルートエージェント」です。求人数は非公開とあわせて約200,000件、転職成功実績は約410,000件を誇る最大手なので、まず最初に登録すべき転職エージェントだといえるでしょう。転職に必要なサポートも充実しており、提出書類の添削&アドバイス、面接対策、企業から収集した生の情報をもとにした業界・企業情報の提供など、すべてを徹底的に支えてくれます。
最大手になるので登録にハードルを感じる人がいるかと思いますが、相談だけでもOKとしているので、担当者と今後のキャリアプランを考えたうえで転職するかどうか決めることも可能です。

2.doda

デューダ

業界規模2位を誇る「doda」優良企業や高年収などのプレミアムな非公開求人が全体の80%を占めており、そのどれもが質が高いと評判です。また、他社にはないdoda限定の求人があるのも特徴のひとつですので、求人の紹介を受けるだけでも非常に価値があります。
求職者ひとりに対して2名の専門アドバイザーがついて一連の転職活動をサポートしてくれるので、初めての転職でも安心です。転職活動に不安がある人は、ぜひ相談してみましょう。

3.マイナビエージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は人材業界大手ということもあり、全国にわたって様々な企業と密なコンタクトをとっているので、マイナビ独自の情報を数多く持っています。そのため、他社にはないマッチング力とサポート体制に強みがあり、転職成功率も非常に高いです。
特に若い世代から支持を集めており、「20代に信頼されている転職エージェント」でNo.1になっているので、初めて転職する第二新卒や既卒におすすめだといえるでしょう。20代が不安になりがちな今後のキャリアの方向性の相談や職務経歴書の作成アドバイスなど、時間をかけて親身にサポートしてくれるので安心です。

転職エージェントとの面談を効率的に進めるためには、事前の準備が大切になります。そして、面談では自分の希望をしっかりと伝えましょう。基本的に転職エージェントからヒアリングされる内容はどこも同じです。
転職エージェントとの面談の雰囲気は重いものではありませんので、あまり堅くならずに相談しましょう。

800人の評判から決定!使ってよかった転職エージェント3選

800人の評判から分かった「転職エージェントランキング」上位3社を厳選!自分にふさわしい求人に出会いたいなら、エージェントBOX推薦の3社すべてに登録されることをおすすめします。

B090409688550f3cc93f4ed88ec6cafb
Small rank 1
総合点:
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 4.1
20代(第二新卒・既卒・フリーター)を専門に徹底サポート!ハタラクティブ独自の採用ノウハウで、内定率は業界トップクラス80%以上を誇ります。
Dcf6070a4ab7f3afbfd2809173e0824b
Small rank 2
総合点:
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 4.0
あなただけの"はたらく"が見つかる!年収500万以上、残業20時間以下など、dodaしか紹介できない優良求人があります。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ