40代の転職市場は盛り上がっている~転職成功のポイントとは~

  • 40代
高田晃一顔写真
この記事のアドバイザー
就活コンサルタント
高田晃一

東京理科大学大学院修了後、東証一部上場の某電機メーカーに入社。通信技術の研究職と技術者の採用業務に従事。その後、人材ベンチャー企業に入社。採用活動コンサルタントとして企業への採用業務代行と採用活動の支援業務を行っている。これまで100社以上の採用活動を支援してきている。就職活動コンサルタントとしては、新卒と中途を合わせて22,000名以上の求職者の内定獲得を支援してきている。

目次

  1. 40代での転職が難しいと言われている理由とは?
  2. 「40代での転職は無理」は昔の話!今、市場が盛り上がってきている
  3. 企業が40代に求める2つの能力とは?
  4. 40代が転職を成功させるためのポイント3つ
  5. 40代で転職する際に絶対に知っておくべき注意点3つ
  6. 転職エージェントを利用すると40代の転職は楽になる
  7. 40代の転職でぜひ利用してほしいおすすめの転職エージェント3社
  8. 40代は昔より転職しやすくなっている!成功のカギは転職エージェント

「気づけばもう40代、今から転職ってできるのかな...」

40代で転職は遅いのでは、企業は若い人材を欲しているのでは、そう不安に感じていませんか?
転職は年齢を重ねるごとに難しくなると一般的には言われていますが、実際のところ40代の転職市場はどうなっているのでしょうか。

眼鏡

40代での転職に不安を抱えてしまう気持ちは分かりますが、そもそもなぜ難しいといわれているのでしょうか?その理由をみていきましょう。

40代という年齢の高さが採用にあたってネックになっている

まず、企業側の都合ですが、40代という年齢の高さを採用にあたって懸念しています。単純に20代と比較すると、この先働いていける時間(勤務年数)は40代の方が短いです。
また、同じ能力の持ち主であれば40代よりも若い30代、20代を採用した方が企業にはメリットがあるのです。

過去の実績や経歴にこだわるあまり転職先を見つけられない

40代の転職が難しいといわれているもうひとつの理由が、転職者自身が過去の実績や経歴にこだわり過ぎて好条件を求めるあまり、転職先を見つけられないためです。
「自分はこんな実績と経験があるから、年収は○○万円以上しか受け付けない」などと希望するのは自由ですが、それが故に転職先が決まらなければ元も子もありません。自分の希望がすべて叶う企業など、そう簡単に見つからないでしょう。

握手

条件にこだわりすぎて転職できないのは置いといて、実は、40代の転職市場は昔より盛り上がってきています。

グラフ
※参考:厚生労働省「一般職業紹介状況 年齢別労働市場関係指標(実数)」より作成

厚生労働省の一般職業紹介状況によると、平成28年度の40代の有効求人倍率は1倍を超えており、過去最高となっています。有効求人倍率とは、ひとりに対して求人がどれくらいあるかを示す数値で、1倍を超えるとひとりに1件以上の求人があることになります。
つまり、有効求人倍率が1倍を超えているかどうかで転職のしやすさは大きく変わるのです。

▼参考資料

ビジネスマン

転職市場が盛り上がっている中で、40代の何が企業に求められているのでしょうか?主に求められている2つの能力についてご紹介します。

部下を育成して成長につなげるマネジメント能力

まずひとつ目が、マネジメント能力です。転職市場において、40代はこれまでに多くの経験を積んできており、十分なスキルがあると評価されているので、それを部下に落とし込んで成長させられるかどうかが求められます。

これまでの経験を活かして実績に貢献できる高い実務能力

マネジメント能力以外にも、即戦力として活躍できるレベルの実務能力も求められます。実務能力がなければ40代を採用する意味はなく、それだったら若い20代を採用した方がましだと企業は判断します。
これまでの経験を活かして、企業の成長に大きく貢献できるようなパフォーマンスの高い人が40代の転職では評価されるのです。

就活コンサルタント高田晃一
40代こそ変化を受け入れる柔軟性を大切に
高田晃一顔写真

学校を卒業し社会人になってから20年前後経っているため、これまでに経験してきた仕事のやり方に凝り固まっている傾向があります。かなりこだわりの強い年代だと言えます。ここで重要なのは、社会人になったばかりのときのような気持ちを持つことです。これまでの経験を捨てて、これから入社する会社の仕事のやり方を柔軟で且つ謙虚に学び実践する姿勢が、40代の転職を成功するための重要な要素です。それによって、これまでの経験との相乗効果で思いがけないほど大きな成果を生み出したケースもあります。

握手

40代の有効求人倍率が1倍を超えているからといって、何もせずに転職に成功するわけではありません。40代だからこそ、転職を成功させるために対策をしっかり行いましょう。40代になって転職先が決まらない上に職も失うなんてことになったら大変ですよ。

企業が求めている経験を持ち合わせていることを前面に伝える

40代の採用を考えている企業は、必ず何かしらの能力や経験を求めています。そのため、その企業が求めている人材であることを前面にアピールすると、採用に大きく近づけるでしょう。
マネジメント経験者を募集しているにも関わらず、マネジメント未経験者が応募しても採用に至るには難しいです。なぜなら、企業が求めている人材ではないからです。

40代だからこそ素直さとストレス耐性があることをアピール

年齢を重ねるごとに自分に自信がついて、相手の指示などに素直に従えなくなるという人が多くなる傾向があります。しかし、そんな人材は柔軟性と適応力がないと判断されて、企業側としては受け入れ難いマイナスポイントになってしまいかねません。
40代だからといって必ずしも偉いというわけではありません。もしかすると自分より年下から指示されることもあるので、それにストレスを感じる人もいるでしょう。しかし、転職を成功させたいのであれば、相手の意見を素直に受け入れられることと、ちょっとのことでは動じないというストレス耐性があることを伝えると良いですよ。

自分を売り込むための「職務経歴書」は工夫して作成する

40代の転職では過去の経験などが物を言います。そのため、自分を魅力的にアピールできるように、職務経歴書は工夫して作成するようにしましょう。
職務経歴書は自分を企業に売り込むための、いわばプレゼン資料と同じですので、適当に作成するのだけは絶対にやめてください。面接に至る前に落とされてしまいますよ。

就活コンサルタント高田晃一
40代の積極採用をしている会社は少なくない
高田晃一顔写真

40代の社会人の武器は、20年前後の社会人の経験があることと、定年までまだ20年くらいあることです。この間で会社に多大な貢献をしていただけることを期待しています。それは直接に売上を格段に上げたり、滅多に知り得ないノウハウを提供したり、若い社員やプロジェクトをマネジメントしたり、ということです。これは20代や30代の社会人では、なかなかできないことです。特に平均年齢が若い会社は、40代の社会人を積極的に募集している傾向があります。

ノート

次に、40代で転職する際に注意してほしいポイントをご説明します。注意点を知らないまま転職活動を進めてしまうと、取り返しのつかない事態になってしまうリスクもあります。}{red:

40代で未経験職種への転職は正直難しい

40代の転職市場は盛り上がっていますが、未経験職種への転職は難しいと考えて間違いはありません。企業は40代に即戦力やマネジメント力を求めているので、未経験者は採用で非常に不利になります。
また、未経験者を採用するのであれば若い20代を採用した方が将来のポテンシャルが大きいという点も理由のひとつです

転職の目的と希望条件は明確にしておく

なぜ40代になって転職を考えたのかは非常に重要です。目的もなしに転職してしまうと失敗する可能性が高まってしまいます。また、希望条件が曖昧だと企業選びで失敗してしまいます。
そのため、転職をすることで何を実現したいのか、転職先に何を求めるのかを初めにしっかり明確にしておきましょう。

退職してから転職活動を始めると収入源がなくなる

転職活動の進め方には、仕事をしながらと退職してからの2パターンがあります。しかし、退職してから転職活動を進めるとなると、時間的余裕が生まれる反面、収入源がなくなるという大きなリスクが待ち受けています。
さらに、家庭を持っていると家族に迷惑をかけてしまうことも考えられるでしょう。そのため、時間的余裕はあまり確保できませんが、40代の転職は在職中に行うのがおすすめです。

ビジネスマン

在職中に転職活動を進めたいが、仕事をしながらだとどうしても時間的余裕がないですよね。そんな人には転職エージェントの利用がおすすめですよ!

現職で激務を任せられながらでも効率よく転職活動を進められる

転職エージェントはあなたの代わりに求人探しを行って紹介してくれるので、現職が忙しくても転職活動を効率よく進められます。転職活動では求人探しに多くの時間を費やしてしまうので、そこをほとんどすべて任せられるのはありがたいですよね。

40代かつあなたの経験を求めている企業を紹介してくれる

転職エージェントは面談で、これまでの経験やスキルなどをヒアリングしてくれます。そこから、あなたの経験を求めている企業とのマッチングを図ってくれます。自分を求めている企業を紹介してくれるので、ひとりで求人を探して無作為に応募するよりも、転職活動を有利に進められるでしょう。

年収交渉を代行してくれるので年収ダウンのリスクを防げることも

40代の転職で意外とネックになっているのが、年収ダウンです。転職することで年収が上がる人がいれば、反対に下がる人もいます。これまでキャリアを積んできた40代にとって、年収ダウンはできれば避けたいですよね。
しかし、転職エージェントを利用すればプロが年収交渉を代行してくれるので、年収ダウンのリスクを抑えることが可能です。

ビル

それでは、40代の転職におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。管理職を目指したい人、多くの企業紹介を受けたい人、ITとエンジニアリング領域で活躍したい人の3パターン別で見ていきましょう。

管理職やスペシャリストを目指す人は「JACリクルートメント」

JACリクルートメント

40代で管理職やスペシャリストとして活躍したい人には「JACリクルートメント」がおすすめです。ハイクラス転職に特化しており、日系・外資系問わず、幅広く企業を紹介してくれます。そして、紹介する企業がどんな背景で人材を募集しているのかもしっかり理解しているのでミスマッチが少なく、適切なアピール方法のアドバイスをもらえるでしょう。
高い専門性を備えたコンサルタントが数多く在籍しており、キャリアを持っている40代の転職を真摯にサポートしてくれます。

40代を求めている企業の紹介を多く受けたい人は「dodaエージェントサービス」

デューダ

自分の求める条件にマッチした求人をより多く紹介してもらい人には「doda」がおすすめです。他社が持ち合わせていないプレミアムな非公開求人が豊富にあるので、"いい条件で転職したい"という40代に向いています。
実際に、2017年下半期にdodaを利用して転職した人の約15%が40代でしたので、年齢を気にせず気軽に利用できるでしょう。

ITとエンジニアリング領域のハイクラス層で活躍したい人は「Spring Executive」

スプリング転職エージェント

ITとエンジニアリングのハイクラス層で活躍したい40代は「Spring Executive(スプリングエグゼクティブ)」に相談すると良いでしょう。世界No.1の人財サービス企業であるアデコグループが運営しており、現代の労働市場の動向を踏まえたうえで専門性の高いサービスを提供してくれます。
グローバル企業ということもあり、世界基準でレベルの高いコンサルタントが多く在籍しているのも特徴です。

就活コンサルタント高田晃一
40代での転職を決めたら1日でも早く動き始めることが大切
高田晃一顔写真

「転職をしたい」と考えたら、今すぐに行動を始めましょう。あなたに合った会社が今募集していて、明日締め切った、ということも十分に有り得るためです。「善は急げ」とも言います。早速、転職エージェントの方に会いまして、相談してみましょう。あなたご自身の仕事に対する考え方や今在籍している会社から見た立ち位置なども再確認することもできます。これは転職エージェントの方と話し合うことでしか得られない有益な情報です。

昔は40代の転職は難しいといわれていましたが、ここ数年は非常に盛り上がりをみせています。有効求人倍率が1倍を超えているので、40代の転職者ひとりに対して必ず1件以上の求人が用意されている状況です。しかし、転職を成功させるポイントや注意点を知っておかなければ、失敗する恐れが非常に高いので注意しましょう。

40代での転職が不安な人には転職エージェントの利用がおすすめなので、ぜひ検討してみてください。

この記事で紹介したサービス

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ