【2021版】40代に本当におすすめできる転職エージェント厳選3社

  • 40代
  • ハイクラス
  • エグゼクティブ

目次

  1. 40代はキャリアに合わせた転職エージェント選びが重要
  2. 【超厳選】40代におすすめの転職エージェント3社
  3. 40代だからこそ転職エージェントは利用すべき
  4. 転職エージェントを最大限に活用するためのポイント6つ
  5. まとめ

20代、30代と異なり、これまで築いてきたキャリアが武器となる40代の転職。そんな40代の転職を力強くサポートしてくれるのが転職エージェントです。しかし、どこに相談すればいいのか迷いますよね。
本記事では、40代にぜひ使っていただきたい転職エージェントをご紹介します。また、40代には20~30代とは違った転職エージェントの選び方、そして使い方があるのであわせて見ていきましょう。

男性

20代・30代の転職市場では、社会人未経験や異業種からの転職が可能な求人も多くありますが、一定の経験を積んでいる40代となると、これまでのキャリアを重視する傾向が強まります。しかし、一言でキャリアといっても人によってさまざまです。そのため、40代は自分のキャリアに合わせて転職エージェントを選ぶことが重要なのです。

キャリアに自信がある人は「ハイクラス向け」

上場企業や大手企業に勤め、一般社員から係長、課長とキャリアアップしてきた方など、自分のキャリアに自信を持っている場合は「ハイクラス向け」の転職エージェントを利用しましょう。入社時から管理職待遇であったり前職の年収保証があったりと、これまでのキャリアを活かしてさらに上を目指す方向けの求人が多数あります。

中でもおすすめは「JACリクルートメント」で、詳細については後述します。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

【2021版】ハイクラス層におすすめのタイプ別転職エージェント8選

キャリアに自信がない人は「総合型」

一方、自分のキャリアにあまり自信がない方や管理職としての経験がない方は、「総合型」と呼ばれる転職エージェントを利用しましょう。企業規模や待遇を絞らず、あらゆる条件から企業を紹介してもらうことができます。
例えば「doda(デューダ)エージェントサービス」「パソナキャリア」などがおすすめで、詳しくはこの後で解説します。

関連記事はこちら

25766f01628f3d34b93a36a2301dffc9

【2021版】転職エージェントを実際にいくつも使った私が本当におすすめできるサービス8選

ここからは、40代の方にぜひ利用をおすすめしたい転職エージェントを3社ご紹介します。数ある転職エージェントの中から厳選しており、いずれも40代の転職で多数の実績をもっているので安心して利用できるでしょう。
大切なのは自分に合った転職エージェントを見つけることです。事業規模や取り扱っている案件など、強みや特徴はそれぞれで異なります。各社の特色をしっかり理解し、効率よく転職活動を進めることが成功の秘訣です。

1.doda

デューダ

まず、ご紹介するのは「doda」です。人材業界大手のパーソルキャリアが運営する転職エージェントで、年間18,000人以上の転職をサポートしています。特に40代での転職にも強く、2017年下半期の調査ではdodaを利用して転職に成功した人の15.5%が40代でした。

プレミアムな非公開求人と抜群のサポート体制

dodaの大きな強みは「非公開求人」の多さです。求人情報の中には、転職サイトなどで広く公開してしまうと応募が殺到してしまうため、あえて非公開にしているプレミアム求人があります。高年収求人や大手メーカー・商社などの幅広い非公開求人を多数扱っているため、より希望に合った企業を紹介することが可能です。

合格診断を利用してまず市場価値を確かめるのもあり

もう一つの特徴として、dodaには「合格診断」があります。登録すると、人気企業ランキング上位300社の中から、あなたのキャリアをもとに合格可能性を診断するサービスです。診断方法は簡単で、あなたの経歴やキャリアを入力するだけ。結果は約2週間後にメールで届きます。
40代の転職では、まず今の自分にどれだけの市場価値があるのかを見極めることも非常に重要ですので、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

体験談

自分の年齢やスキル、経歴が転職市場でどれくらいの価値があるか知りたくて、興味本位でdodaの合格診断をやってみました。すると、アクセンチュアや電通、サイバーエージェントなどの大企業への合格可能性が出ました。ひそかに狙っていたLINEの名前がなかったのは少しショックでしたが、無料にしては中々おもしろい診断で、自分のレベル感を知れたので良かったと思います。登録も簡単で煩雑な作業はなかったので手軽でした。(41歳/男性/IT)

2.JACリクルートメント

JACリクルートメント

最後に紹介する「JACリクルートメント」は、いわゆる「ハイクラスへの転職」に特化した転職エージェントです。登録者の70%以上が35歳以上で、役員、幹部、マネジメント職、スペシャリストといった高収入層の求人情報を多く扱っています。こうした特徴をもっているため、企業側からの信頼も厚く、より質の高い求人が集まり続けているのです。

豊富な支援実績と募集背景を熟知した適切なサポート

JACリクルートメントは、これまでに培ったノウハウからハイクラスへの転職ならではの特徴を踏まえた上で、応募書類の書き方や面接でのポイントなど適切なアドバイスを行っています。また、大手企業が抱える採用課題や募集背景を熟知したうえで紹介を行うので、お互いにミスマッチがありません。
コンサルタントの質の高さは他社と比較しても圧倒的だといえるでしょう。

3.パソナキャリア

パソナキャリア

次にご紹介するのは「パソナキャリア」です。こちらも40代の転職に非常に強みを持っている転職エージェントです。登録者の15%が40代で、マネージャーやエグゼクティブ層の転職にも成功実績があります。

企業との密な繋がりと年収アップ率に強み

パソナキャリアの最大の強みは、企業と密な繋がりをもっている点です。企業側と転職者側、それぞれに担当をたてて質の高い情報を収集することで、より精度の高いマッチングを実現しています。
さらに、パソナキャリアが重視しているのが年収アップです。パソナキャリアを利用して転職した人の年収アップ率は67.1%。収入を含めた待遇面でも満足できる、本当の意味での転職成功をサポートする転職エージェントなので、40代になって転職で年収が落ちるというリスクも防げるでしょう。

会話

「40代での転職は難しいのでは」と感じる方もいるかもしれませんが、自分のキャリアを棚卸しして、今後どんなキャリアを積んでいきたいかを真剣に考えるチャンスでもあります。そんな40代の転職をサポートしてくれるのが転職エージェントです。
それではなぜ、40代に転職エージェントの利用を勧めるのか、そこには2つの大きな理由があります。

いい条件の求人は「非公開求人」に隠されている

応募者が殺到して選考の手間がかかってしまうのを避けるため、大手企業や高待遇の求人情報は非公開になっていることが多いです。しかし、非公開求人にこそキャリアアップを叶えつつ高収入の求人情報が集まっています。40代で転職を考えるならぜひ非公開求人を紹介してもらいましょう。
非公開求人の紹介を受ける場合は、エージェントサービスへの登録が必要になります。

「40代を求めている企業」を紹介してくれる

求めるターゲット層により強みをもっている転職エージェントに依頼した方が効率よく採用できるので、「40代に強い転職エージェント」には「40代を求めている企業」の情報が集まります。つまり、あなたに40代を求めている企業を紹介してくれるので、より転職成功への近道が開けるのです。

握手

ここまで転職エージェントについて紹介してきましたが、最終的に大切なのはどのように活用するかです。40代が転職エージェントを最大限に活用するためのポイントをみていきましょう。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

【5分でわかる】転職エージェントの賢い使い方を徹底解説!

1.いい求人を紹介されたらとりあえず応募しておく

20代のように人柄や意欲だけではなかなか採用されにくいのが40代の転職です。応募企業を吟味しているうちに他の転職者が採用されてしまうのは非常にもったいないでしょう。そのため、転職エージェントからいい条件の求人を紹介されたら、とりあえず応募しておくことをおすすめします。

2.担当者と相性が合わない場合は交代をお願いする

企業を紹介してくれる担当エージェントとの相性も非常に重要です。話していて何か噛み合わないなと感じたり、対応に疑問があったりした場合は、迷わず担当の変更をお願いしましょう。自分の人生を左右する転職ですから、ぜひシビアな目で見てください。

関連記事はこちら

8db9264228dc48fbf47535e888c02ae0

転職エージェントの担当者と相性が合わない時の効果的な対処法3つ

3.過去の経歴やスキルで嘘は絶対にNG

当然ですが、転職エージェントに対して嘘の経歴やスキルを伝えてはいけません。判明した時点で利用を断られるケースもあります。たとえ嘘の経歴で採用されたとしても、入社後にトラブルになりかねませんので。

4.推薦状は必ず書いてもらい、事前に内容を確認する

転職エージェントを利用すると、企業へ応募する際に推薦状を書いてもらえます。悪いことを書くエージェントはいないと思いますが、自分のアピールにつながることがしっかり書かれているか、必ず提出する前に内容を確認するようにしてください。

5.選考対策は必ず受ける

応募書類の添削や模擬面接などの選考対策は必ず受けましょう。企業が求めている人材像や、面接で聞かれるであろう質問をあらかじめ把握しているのといないのとでは、内定率が大きく異なります。自分では気づかない点を指摘してもらえると、実際の選考に役立つでしょう。

6.複数社に登録してより多くの選択肢を手に入れる

いうまでもなく、ひとつの転職エージェントにすべての求人情報が集まっているわけではありません。ひとつでも多くの選択肢を手に入れて転職成功の可能性を上げるためには、2~3社の転職エージェントに登録することがおすすめです。
また、異なるエージェントから様々なアドバイスをもらうのもありでしょう。

40代で転職するなら、40代に強い転職エージェントを選ぶべきです。有名どころは「転職支援実績第1位」や「業界最大級の求人数」「満足度No.1」などといったアピールをしていますが、これらは20代、30代の若手も含めた数字です。それよりも、今の自分自身が求める情報を多く持っている転職エージェントに相談することが、40代の転職を成功させる秘訣です。看板に惑わされるのではなく、「中身」を重視して転職エージェントを選んでください。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ