転職を成功させている第二新卒の特徴3つ【失敗例付き】

  • 第二新卒

目次

  1. 第二新卒の転職で失敗するとこんなことが...
  2. "こんな第二新卒"が転職で失敗している
  3. 第二新卒としての転職を成功させている人の特徴
  4. 第二新卒に特化したエージェントを利用すると転職成功率が上がる
  5. 第二新卒での転職を成功させたい人は失敗例から対策を学ぼう

第二新卒として再スタート。転職を成功させたいですよね。
転職で失敗すると様々なリスクを負ってしまいます。そこで、転職で失敗or成功する第二新卒の特徴を知って、成功率を上げましょう!

第二新卒の転職で失敗するとどんなことが起こるか想像したことはありますか?
まず、収入源がなくなるので経済的に厳しくなります。第二新卒は社会人になったばっかりなので、給料が低かったり貯蓄ができていなかったりすると思います。そんな状況で転職に失敗すると次の仕事がなかなか決まらず、生活に困ってしまうでしょう。

また、仕事を早期離職したということで、同じ時期に新社会人を迎えた友人などと顔が合わせづらくなります。「○○君、もう会社を辞めたらしいよ」などの話が流れると、周りから根性のないやつと思われているのではないだろうかとマイナス思考に陥ってしまうためです。

しかし、これらは転職が成功すれば解決する話です。

就活と同じだと高をくくっている

第二新卒としての転職活動を就活と同じだと高をくくっている人は転職で失敗します。企業が、新卒の就活時のあなたと第二新卒で転職活動をしているあなたに求めるものは全く違います。就活生レベルではなく、社会人を経験して成長したレベルの履歴書や面接の受け答え、ビジネススキルが重要になるでしょう。

転職の動機が曖昧過ぎる

転職の動機が曖昧過ぎるのも失敗する原因の一つになります。なぜ転職しようと思ったのか、なぜ前職を退職したのかはほぼ確実に聞かれます。その際に、退職理由と転職の動機に一貫性が無かったり、曖昧で答えられなかったりすると面接官は不信感を抱いてしまうでしょう。

自分を過大評価して高望みばかりしている

転職で失敗する第二新卒の最後の特徴は、自分を過大評価して高望みばかりしているです。自分は仕事ができる、周囲と良好な人間関係を築ける高いコミュニケーション能力を持っているなど、自分は何でもできると自己評価が高すぎるのです。
しかし、それらの評価は自分ではなく相手がするもの。そこで、ギャップが生まれてしまい、自分の実力以上の求人を選択するなどして失敗してしまうのです。

自己分析を徹底して自分の適性を理解している

第二新卒としての転職を成功させている人は、自己分析を徹底して自分の適性を理解しています。自己分析をすることで、自分が仕事に対して価値観を置いているものは何なのか、強みや弱み、何ができて何ができないのかなどが明確になります。
自分の適性を理解することで求人選択で失敗する可能性が小さくなりますし、履歴書や職務経歴書を魅力的に仕上げることもできるでしょう。

"なぜその企業なのか"を明確にしている

"なぜその企業なのか"を明確にしている、これも転職を成功させている第二新卒の特徴だといえます。企業側は、なぜ前職を退職して転職先として他ではなく弊社を選んだのかの理由を重要視しています。ここが明確でない場合、"他の会社でいいじゃん"、そう言われて落とされてしまいます。
入社意欲のアピールにも繋がるので、堂々と答えられるようにしておきましょう。

第二新卒を求めている企業の求人を中心に探している

転職の求人は数えきれないほどあります。しかし、その中には「第二新卒歓迎」などの文言がついているものがあるでしょう。

つまり、第二新卒としての転職を成功させている人は、この第二新卒を求めている企業の求人を中心に絞って応募しているのです。
企業が第二新卒を欲しいといってるので、入口としては少なからず悪い印象は抱かれていません。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

第二新卒が転職する際に知っておくべきメリット・デメリット|転職市場の動向と成功の秘訣とは

第二新卒としての転職で失敗したくないが、成功するかどうか不安な人は転職エージェントに相談すると良いです。その中でも、第二新卒の転職サポートに特化したエージェントを選択しましょう。
第二新卒を求めている企業の求人を紹介してくれるだけでなく、求職者の強みを活かしたアピールの仕方、履歴書や職務経歴書の書き方などをアドバイスしてくれます。転職活動の始まりから入社までを二人三脚でトータルサポートしてくれるので、心強い味方になってくれるでしょう。

未経験業界を目指したい方は「ハタラクティブ」/選考対策を充実させたい人は「マイナビ」がおすすめ

「ハタラクティブ」未経験業界への転職に強いです。新卒で入社した会社の仕事が自分に合っていなかったから別の仕事がしたい、そんな第二新卒の方におすすめです。

「マイナビジョブ20's」書類添削や面接対策などがハイレベルで充実しています。内定獲得率がぐっと上がるので選考に自信がない人におすすめです。

第二新卒の転職で失敗している人と成功している人の特徴を見てきましたがいかがでしたか。

要は失敗している人と反対のことを実践すればいいのです。失敗例から学べるかが大事です。それに加えて成功している人のやり方を真似すれば、転職成功率は上がるでしょう。

それでも不安な人は、第二新卒に特化している転職エージェントに相談してアドバイスをもらいましょう。きっと転職成功に導いてくれるはずです。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ