【例文あり】退職の申し出を電話で済ますには?知っておきたい注意点

  • 退職
編集長顔写真
この記事のアドバイザー
エージェントBOX編集部
編集長

エージェントBOX編集長です。転職に役立つさまざまな情報を配信することで、皆さまのキャリア選択をサポートいたします。

目次

  1. 【結論】退職の連絡は電話一本でOK
  2. 退職を電話で伝えてもいい2つのケース
  3. 電話で退職を伝えるときの4つの注意点
  4. 電話で退職を伝えるときの例文
  5. 【参考】メールで伝えても大丈夫
  6. 最悪の場合は「電話代行サービス」「退職代行サービス」に依頼するのもあり
  7. 会社への返却物は「郵送」を使う
  8. 【まとめ】退職は就業規則に従い、電話でなく直接が基本
  9. 【番外編】次の仕事は決まっていますか?
電話一本でOK

「退職の意思を伝えるのが気まずい...」

会社または上司に、直接退職を伝えるのを避けたい人は意外と多いでしょう。お世話になったから言い出しづらい、嫌いすぎて顔も見たくないなど、理由はさまざまだと思います。そんな時に思いつくのが、電話で退職を伝えてもいいのかどうかではないでしょうか。実際、電話一本で退職するのはありなのでしょうか。

結論、退職は電話一本で済ませることができます。直接会社に報告しなければならない、退職届を提出しなければならないなどのルールは、民法や労働基準法のどこをみてもありません。

社会人のマナーとして適切ではないことは知っておく

退職は電話一本で済ませられますが、社会人としてのマナーの観点からいくと、適切ではないでしょう。退職は、自分と会社にとって重要な話になるため、直接相手に伝えるのがマナーです。

できれば出社して退職の意思を口頭もしくは書面で伝える。どうしてもそれが難しい場合は電話で。という風に認識しておきましょう。

円満退職ができないことは覚悟しておく

会社を辞めるとき、もめたくはないものです。しかし、電話だけでは円満退職ができないことは覚悟しておきましょう。直接退職すると伝えるだけでもトラブルになるケースが多いのに、それが電話ともなると「あいつは非常識だ」と相手からの反感を強く買ってしまいかねません。
そのため、できるだけ穏便に退職したい人は、勇気が要りますが直接伝えるようにしましょう。

2つのケースとは

電話で退職を伝えるのはマナー違反です。しかし、少なからず退職を電話で伝えてもいいケースが2つあります。一体どういった状況であれば、退職を電話で伝えても問題ないのでしょうか。

病気で入院して外出が困難

病院のベッド

退職を電話で伝えてもいいケースの1つ目は、病気を患って外出が困難な場合です。何かしらの病気で入院して外出ができず、今後仕事を行っていくことが難しい人は、電話で伝えるしかありません。

上司を病院に呼んで伝えるという選択肢がありますが、それでは上司に迷惑をかけてしまいますし、なにより自分が入院しているところを見られるのは、あまりいい気分ではないと思います。そのため、事情をしっかりと話したうえで退職を申し出れば受け入れてくれるでしょう。

会社に行こうと考えるだけで体調が悪くなる

体調が悪くなる

退職を電話で伝えてもいいケースの2つ目は、会社に行こうと考えるだけで体調が悪くなる場合です。これは、過剰なストレスで心身に悪影響が出ていることが考えられます。頭では、会社に行って直接伝えなければならないと分かっているのに、体がいうことを聞いてくれません。

例えば、上司からの嫌がらせが原因で会社を辞めたい人が、その上司に退職を伝えるのは相当勇気が要りますし、ストレスを感じるでしょう。そこまで自分を苦しめるような人に会いたくないと思うのは当然です。

▼ストレスに悩んだときの相談先はこちら

退職を伝えるときの4つの注意点

電話で退職の意志を伝える時は、なかなか勇気がいることでしょう。緊張して上手に伝えられないかも…と不安になることも考えられるでしょう。

しかし、そのような場合でも、社会人として適切な言い方・伝え方をすることが大切です。これからご紹介する4つのポイントは、確実に押さえておきましょう。

電話で退職の意思を伝える際のポイント

  • 直属の上司に一番初めに伝える
  • 電話で退職を伝えることのお詫びをする
  • 退職理由は「一身上の都合」を貫き通す
  • 会話の内容は念のため録音しておく

1.直属の上司に一番初めに伝える

退職を伝えるときは、必ず直属の上司に一番初めに伝えましょう。上司より上の立場の人に先に話がいってしまうと、上司の管理能力が問いだたされて余計に迷惑をかけてしまうことも。もし、それが原因で上司から反感を買ってしまうと、まともに話を聞いてくれなくなり、その後の電話でのやり取りが面倒くさくなることがあるので注意しましょう。

もし、上司からの嫌がらせなどが原因でどうしても本人と話したくない場合は、人事部や上司の上司に伝えても問題ありません。

2.電話で退職を伝えることのお詫びをする

少しでも穏便に退職を伝えたい場合は、お詫びをしましょう。「電話での連絡となり大変申し訳ございませんが…」と一言伝えるだけで、一方的に「退職します」といわれるより、相手の感情を逆立てる可能性を小さくできるため、表面上だけでもいいので、お詫びの一言を入れる事をおすすめします。

3.退職理由は「一身上の都合」を貫き通す

退職理由は、「一身上の都合」を使うのをおすすめします。本来の退職理由は別にあると思いますが、あれこれ理由をいうと引きとめにあう可能性がでてきます(例:給与に不満がある→給料をあげる、人間関係に疲れた→違う部署に配属できるよう手配する、など)。

引きとめにあって連絡が長引くのは面倒くさいですよね。本当の理由を伝えなければ退職できないなどのルールはないので、「一身上の都合」を貫き通して深堀りさせないようにしましょう。

4.会話の内容は念のため録音しておく

電話で退職を伝えるときは、後々起こりえるであろうトラブル防止のために、念のため会話の内容を録音しておきましょう。電話は口頭だけでのやり取りになるため、後から会社側が聞いていないと言ってきた場合、証明する手段がありません。

スマホの録音アプリを使えば、通話の録音は難しくありませんので、何かあった時のために記録を残しておく事をおすすめします。

電話で退職を伝えるときの例文

電話で退職を伝えるときの例文【1】

「お疲れ様です。○○です。急なご連絡となり誠に申し訳ございませんが、一身上の都合で退職させていただきたく存じます。本来であれば出社してお伝えすべきところを、お電話という形になり大変申し訳ございません」

電話で退職を伝えるときの例文【2】

「お疲れ様です。○○です。しばらく出社できずに、大変申し訳ありません。休暇中に悩んだ結果、仕事を続けるのは難しいという結論にいたりました。退職届は後日郵送にて送らせていただきますので、よろしくお願いいたします」

例文を2つ紹介しましたが、当然ながらこれだけで終わるとは考えにくく、電話の向こうにいる上司から色々と質問されることでしょう。場合によっては止められる事もあるかもしれません。

また、退職の意思が受理された場合にも、会社への返却物や手続きなどが発生するケースもあるでしょう。そのあたりはきちんと手続きを踏んだうえで退職しましょう。

メールで伝えても大丈夫

「電話できちんと退職の意思を伝えられるか不安」「ハラスメントを受けていて、電話越しに話すのも怖い…」など、特別な事情がある場合は、メールで退職を申し出ることも検討してみましょう。

文面作成のコツや注意点は、基本的には電話で伝えるときと同じです。上記の電話例文を参考に、メールの形式に合わせて送信すれば大丈夫です。

忙しいタイミングは避ける

ただし、メールで退職を伝える際には、いくつか注意するべきポイントもあります。まず、忙しい時間帯や繁忙期にメールで退職を申し出るのは避けた方がベター。直属の上司が忙しいと、退職申し出のメールを見逃されてしまう可能性があるためです。できる限り忙しいタイミングを避け、確実にメールを読んでもらえるようにしましょう。

また、メールを確認した上司から確認の電話がかかってくるケースも。結局、メールだけで退職の連絡が済むかどうかは、会社・上司の状況やタイミングなどに左右されますので、その点はご注意ください。

退職届

自分で伝えるのが面倒くさいという人や、会社の誰ともこれ以上話したくないという人がいると思います。そんな人は、両親に頼むのもひとつの手です。親が子どもの退職を会社に伝えるのは、決して珍しくありません。また、多額な料金がかかりますが「電話代行サービス」というのもあり、プロのオペレーターがあなたの代わりに退職を会社に伝えてくれます。

退職代行業者には、大きく分けて「弁護士」「民間企業」「労働組合」3つの運営・提供元があります。
それぞれ対応できる範囲や費用の相場などが変わってくるので、あなたの状況に合った退職代行業者を選びましょう。
ここからは、エージェントBOXおすすめの退職代行サービス6選をご紹介します。

弁護士法人みやびの退職代行サービス

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

弁護士法人みやびの退職代行サービス
地域 関東 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応可能。

弁護士事務所が提供しているサービスなので残業代請求、退職金請求、損害賠償請求への対応可能。
弁護士が、依頼人に有利な様に、退職を代行致します。
また、他業者へ依頼されて、退職は出来たが、トラブルになってしまい、弊所へご相談いただくケースが出ております。

料金目安:相談料無料、着手金55,000円(税込)、オプション費用・回収額の20%(残業代・退職金請求など)

退職代行Jobs

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

退職代行Jobs
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現しています。

顧問弁護士監修を掲げる競合他社で顧問が表に出ている業者はありません。
「顧問が監修」という言葉だけでは、本当に?という不安はつきものです。
Jobsは顧問が顔を出し、正面から代行の安全性を守ります。当然業界初です。

顧問弁護士自身が就業に関する挫折を経験しており、最初の就職先である法律事務所を1年経たずに退所しています。「会社を辞めたい」の気持ちをしっかり汲み取るのがJobsの良さです。

あえて、弁護士事務所の事業としないことで、低価格、24時間対応などのサービスを実現しています。
代行の安全性と高いサービスを実現できるのがJobsの強みです。

料金目安:依頼費用の相場 ¥27000円(税込)+2000円

退職代行ニコイチ

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

退職代行ニコイチ
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 業界最安クラスの27,000円で退職できるため、スピード感と料金を重視している方におすすめ

業界最安クラスの27,000円で退職できるため、スピード感と料金を重視している方におすすめのサービスとなっております。
今まで退職させた方の人数は累計17,488人!(2020年10月現在)

料金目安:ニコイチ退職代行パック ¥27,000(税込)

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 退職のご相談は無料

  • 正式ご依頼後はご本人に代わって会社側への退職の連絡を代行。

  • ご依頼後、追加料金は発生いたしません。

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放、「次のわたしへ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。

特に女性は、強気な上司であったり、人手不足や人間関係を悪くしないようになどの職場の空気に配慮して、退職を言い出せずに苦しんでいる人も多くいます。
また、そこまで深刻ではないけど仕事がつまらないと感じていたり、上司や同僚などと合わない、職場の雰囲気が合わないなど、何となく次に行きたいなぁと日々感じている方も多いかと思います。

・退職のご相談は無料です。
・正式ご依頼後はご本人に代わって会社側への退職の連絡を代行いたします。
・お支払いは、銀行振込、各種クレジットカード、コンビニ決済、キャリア決済、楽天ペイからお選びいただけます(今後変更する可能性があります)
・ご依頼後、追加料金は発生いたしません。
・転職サポート、起業・独立・開業サポート(無料)

料金目安:アルバイト・パート(社会保険未加入)¥19,800(税込)、正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など¥29,800(税込)

男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 退職のご相談は無料です。

  • 正式ご依頼後はご本人に代わって会社側への退職の連絡を代行いたします。

  • ご依頼後、追加料金は発生いたしません。

辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ男性を退職ストレスから解放、「今よりも良い条件の仕事へ」行けるようサポートすることを最大の目的としたサービスです。
ストレス社会と言われる現代において、男性にも特有のストレスが増えています。
労働時間やノルマといった職場環境からのストレス、上司や同僚との人間関係、なかなか上がらない収入など、
「ブラック企業」ではないけれども日々の勤務の中でストレスを常に感じている、上司や周りの目を気にしてしまい辞めることを言えない、
といった仕事や退職に関する悩みを抱えている人も多いかと思います。【男の退職代行】は、そのような男性に代わって会社側への退職の連絡を代行するサービスです。

・退職のご相談は無料です。
・正式ご依頼後はご本人に代わって会社側への退職の連絡を代行いたします。
・お支払いは、銀行振込、各種クレジットカード、コンビニ決済、キャリア決済(ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い)、楽天ペイ、paidy翌月後払いなどからお選びいただけます(今後変更する可能性があります)
・ご依頼後、追加料金は発生いたしません。
・転職サポート、起業・独立・開業サポート(無料)
・転職お祝い金最大5万円プレゼント
・退職できなかった場合の「全額返金保証あり」

料金目安:アルバイト・パート(社会保険未加入)¥19,800(税込)、正社員・契約社員・派遣社員・内定辞退など¥26,800(税込)

退職代行ガーディアン

  • Star1
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • Star0
  • 0.0

口コミ数:0

退職代行ガーディアン
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ サイト 平均年収UP額 0.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • その他
  • 退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在

  • 労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能

退職代行という労働問題において一般法人(株式会社など)と弁護士の強みを”唯一”持つ存在で、
労働者のために運営されている組織のため【簡単/低価格/確実】を”唯一”合法的に可能としています。

料金目安:正社員・アルバイト・パート 一律¥29,800

郵送イメージ

退職をするときは、会社に健康保険証やIDカードなどを返却しなければなりません。しかし、電話で退職するとなると、どう返却すればいいか悩みますよね。返却物は、すべて郵送で済ませるといいでしょう。そのときは、会社からの指示に従って、返却漏れのないようにしてください。

反対に、会社から受け取るべきものもの(源泉徴収票や健康保険資格喪失証明書など)も郵送で届くでしょう。此方は退職時にきちんと手続きをしておかないと、後々に面倒な事になりますので忘れないように気をつけましょう。

退職を電話で伝えるときの注意点や例文をご紹介してきましたが、いかがでしたか。退職理由は「一身上の都合」を使う、電話で退職を伝えることのお詫びを入れるなどを守るだけで、スムーズに退職できるでしょう。

しかし、電話で退職を済ますのはマナーとして適切ではない、ということは前提として知っておいてください。円満退職ができない覚悟のある人だけ、電話で退職を済ませましょう。

基本的には就業規則に従って、会社の定めた退職方法をとるのがルールです。

就業規則に従おう
次の仕事は決まっていますか?

電話もしくは他の方法で無事に退職することができたその先の話ですが、次の仕事は決まっていますか?

在職中に転職活動をして次の仕事が決まっている人もいるかと思いますが、先に退職してから次の仕事を探すという人もいるでしょう

そんな人は転職サイトやハローワークで仕事を探すのも手段の1つですが、やはり転職エージェントの利用をオススメします。転職エージェントは、世の中に出回っていない大企業の良質な求人案件を抱えているだけでなく、選考対策や給与交渉まで請け負ってくれる便利なサービスです。1人で転職活動をするよりも、成功率は圧倒的に高くなるでしょう。

現職での悩み相談にも乗ってくれる

悩み相談にも乗ってくれる

転職エージェントはカウンセリングに力を入れています。まだ退職の意思が完全に固まっていない人でも、無料のカウンセリングだけ聞いてもらうのも良いでしょう。自分の理想の職場環境や給与を
相談してみてはいかがでしょうか。

「リクルートエージェント」「doda」などが転職エージェントの業界大手として知られていて、年収UP・キャリアUPを目指す多くの人が利用しています。無料で利用できるのが大きな特徴ですので、これから仕事を探したいという人はまずエントリーしておきましょう。

リクルートエージェント

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 3.9

口コミ数:71

リクルートエージェント
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 13.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 業界No.1の求人数と転職成功実績あり!

  • 業界・職種に専門知識を持つ経験豊富なアドバイザーが徹底サポート!

  • 応募企業の本当の実態が分かる「AGENT Report」が情報収集に役立つ!

doda(デューダ)

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • 4.2

口コミ数:57

doda(デューダ)
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 22.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 優良かつ一般公開されていないプレミアムな非公開求人が豊富!

  • 丁寧かつハイレベルなサポートで転職者満足度No.1!

  • 2名のアドバイザーがあなたと企業を結び付けてくれる!

転職エージェント人気ランキング

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ