最強にうざい上司の8つの特徴と効果的な4つの対処法

  • 人間関係

目次

  1. 部下の本音:「上司がうざいと仕事がやりづらいです」
  2. うざい上司にみられる8つの特徴
  3. うざい上司を撃退する3つの対処法
  4. うざい上司であってもケンカ腰になるのはNG
  5. 何をしてもうざい上司が本当に限界…そんな時は
  6. 転職を検討…でも次の職場は大丈夫?
  7. 選ばれている転職エージェント3選
  8. 【まとめ】うざい上司に悩んでいる人ほど早めの対策を
女性

「上司がうざい」、そう思いながら仕事をしていませんか。うざい上司がいるとストレスが溜まる一方で、仕事が手につきませんよね。手につかないどころか会社に行きたくなくなることもあるでしょう。気にしたら負けなんていわれることもありますが、それができれば何も問題はないです。

この記事を最後まで読めば、うざい上司に対してどう接するべきなのか、そして現状を変えるために何をするといいのか分かります。

快適に働ける環境への転職を考えてみませんか?

上司が原因で転職なんて、と思うかもしれませんが、同じ職場にいるだけで苦痛を感じて顔も見たくないという人が、選択肢のひとつとして転職を検討しても間違いはないでしょう。うざい上司から逃げたいから転職するのではなく、気持ちよく働ける環境に行くために転職すると考えてみてはどうでしょうか。

とはいえ、感情そのままに転職に踏み切ってしまうと、失敗するリスクを高めてしまいます。そのため、「doda合格診断」を使って、転職市場での自分の価値を最初に確かめてみるのがおすすめです。自分の経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業をすぐに診断してくれます。転職するか決めていなくても問題ありませんので、腕試しのつもりで気軽に診断してみてください!

結論から言って、ウザい上司で一緒に働くことは、精神衛生上あまり良くありません。業界・業種によってさまざまなタイプのウザい上司がいることでしょう。

まずは一般的なウザい上司の特徴8選を紹介しますので、自身の職場に該当する人がいないかどうかを確かめてみてください。

ウザい上司の特徴8選

1.何事においても自己中心的

自己中心的な振る舞いをする上司はうざいと思われがちです。自分都合で指示を出して部下を動かす、全部自分の時間に合わせるなど、一緒に仕事をしている仲間のことをまったく気にせず、自分のやりたいようにやっているのです。

自分のやっていることは全部正しい、そう思い込んでしまっているため、悪びれることもないでしょう。

2.部下を見下す・バカにする

部下が仕事で失敗した時に叱るのではなく、バカにしてくる上司もうざいでしょう。失敗したくてしたわけではないのに、バカにされると誰だってうざいと思うものです。また、部下のことを明らかに見下している上司も同様にウザい部類に入ります。

本来、部下がミスしたら原因を確かめて改善策を一緒に考えるなどのフォローするのが上司の役目といえますが、それすらせずに、相手をからかうのはあるべき姿ではないでしょう。

3.指示が雑で的確ではない

「Aをやっておいて」→10分後→「やっぱりBをやって」

このように指示が雑で的確ではない上司もうざいと思われがちです。部下からすると、非生産的な仕事を無駄にやらされた感じがしますし、的確ではない指示にいちいち従っていると疲れてしまいます。

さらに、上記の例でもっとうざい上司になると、「なんでAなんかやっているの?」と部下を責め立ててきます。

4.気分屋で態度がコロコロ変わる

「○○上司、何だか今日機嫌悪くない?」

そんな会話を同僚としたことはありませんか。気分屋で態度がコロコロ変わる上司もうざがられるでしょう。自分の気分次第で感情が大きく動くのは、仕事上よくありません。機嫌がよければこれといって問題はないですが、イライラを周囲へぶつけたり舌打ちを続けたりすると、職場の雰囲気を重くしてしまうでしょう。

こうした上司は典型的な「扱いが難しい上司」になるので、ウザいのは言うまでもありません。

5.プライベートにまで必要以上に絡みたがる

仕事とプライベートは一線を引きたいと思う人は多いでしょう。そのため、プライベートに他人から干渉されるとうざいと感じてしまいます。それがビジネス上での上司であれば尚更でしょう。

上司としてはコミュニケーションの一環という認識かもしれませんが、部下はそう思っていません。一日中、上司に気を遣っていると心身ともに疲弊してしまうでしょう。

6.すぐ自慢話を挟んでくる

他人の自慢話に興味を持てる人はほとんどいないでしょう。「俺ってすごいでしょ」と上司に自慢されても、「あぁ、そうですね...!」としか言えません。「だから何?」というのが部下の本音でしょう。

聞いてもいないことを高らかに話されても、ただただうざいだけなのです。場合によっては日常業務に支障を出しかねないので、ウザい部類に入るのではないでしょうか。

7.やる気を削ぐような余計な一言が多い

うざいと思われる上司は、部下のやる気を削ぐような余計な一言が多いのが特徴です。例えば、仕事でミスした部下に対して「お前に頼んだ俺がバカだった」「君は何だったらできるの?」など、言わなくてもいいようなことを声に出してしまっています。

注意程度で済めば、次はミスしないように頑張ろうと思えますが、嫌味まで言われると内心イラっとしてしまいます。

8.ネチネチ系の上司

仕事でもプライベートでもねちっこい人は絶対に好かれません。ねちねちしている上司は部下の失敗をいつまでも突っついてきます。さらにひどいケースは、過去の失敗まで持ち出して、執拗に部下を攻め立てます。

完全に性格の問題なので、人として信頼・尊敬されないでしょう。陰湿な嫌がらせをしたり、露骨に態度に現れたりする場合もあるので注意しましょう。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

最強にうざい上司の8つの特徴と効果的な4つの対処法

【これがリアル】うざい上司の体験談

Article episode user icon 05 80px
裕一さん(39歳・男性)の体験談
鹿児島県
建設・住宅 / 技術系(建築、土木・設備) / 役職なし
とにかく細かい。それも機嫌に応じて
機嫌が悪いとひたすら粗さがしをし、しつこくそこをついてくる。もちろん反撃しない人にだけ。ペン立てにペンが差さっていないだけで怒られたり、なにかミスをすれば「そんなことも分からないの?」「あなたに頼んだ俺がばかだった」など、暴言パワハラの嵐です。本社に直訴しても効果なし。指示もあいまいなものが多く(多分自分が完全に理解していないから)、部下がミスを頻発して問題が起きると、先のセリフが出てくる。指示通りにこなした旨を報告すると、「俺はそんな指示はしてない」と断固否定。もう本当に手が付けられませんでした。それまでにも変わった上司というのはいましたが、この人がダントツでしょうね。
Article episode user icon 08 80px
西野 千晶さん(31歳・女性)の体験談
茨城県
流通・小売 / 運輸・物流 / 役職なし
プライベートな質問をする上司がうざかった
機嫌がいいと、何でも人のこと知りたがる上司と働いていました。休みの日何をしてるのかという質問だけに限らず、彼氏がいるのかいないのかまで。いないとなると、自分もちょうど彼女がいないと話し始めて、あからさまに過去のアピールをしてきました。家族のことも聞いてきたり、私たち同僚同士で話しているのが少しでも聞こえると、「何の話?俺にも教えて」と無理やり入ってくるのが日常でした。明らかにみんな嫌がっているのに気付いてないのは本人だけという状態で、下手すると休憩が終わってもしつこく聞いてきて、社内全体の雰囲気がかなり悪くなっていました。何度か答えたくないと伝えたこともありますが、全く効果はありませんでした。
Article episode user icon 10 80px
前田海南江さん(31歳・女性)の体験談
愛知県
流通・小売 / 販売・サービス / 役職なし
見栄っ張りで自慢ばかりの上司
部長は会社の稼ぎ頭で尊敬するべき人だとは思っていたのですが、口を開けば自慢話ばかりで、少しでも馬鹿にされたようないじり方をされると拗ねて空気を悪くします。ほめられないと拗ねるので、スタッフからもお客さんからもウザがられていました。自分が部下のせいでどんなに苦労してきたか、今まで誰に何をおごってきたか、どんな賞を受賞してきたか、どんなに女性にモテてきたか、いつも話していました。その人の部下である同僚たちは、「あの人からは何も教えてもらっていない」「部下の手柄を自分の手柄にするのがうまい」「知らないのに知ったかぶるから、あの人に頼ると仕事で失敗する」と言っていました。
女性

うざい上司の特徴はいかがでしたか。あなたの職場にもいるのではないでしょうか。次に、うざい上司への対処法を4つご紹介します。うざい上司に困っている人はぜひ実行してみてください。

1.仕事で成果を出して有無を言わせない

簡単ではありませんが、仕事で有無を言わせないほどの成果を出すのが、うざい上司には有効です。仕事で結果を出して会社に認められれば、上司からの扱いも変わってくるでしょう。
また、仕事で成果を上げていれば、上司からバカにされることもなくなるので、徐々にうざいと感じることが減ります。

2.出された指示を復唱して再確認をとる

指示が的確でない上司に対しては、出された指示を復唱して再度確認をとるようにしましょう。「Aといいましたが、この認識で合っていますか?」などと再確認をとることで、もし急に指示が変わったとしても「Aで問題ないと2回確認した」と反論をすることができます。
もし、それでも上司が意見を曲げない場合でも、再確認したという事実を会社に伝えれば、責を負うことはなくなるのでおすすめです。

3.仕事以外では関わりたがらないキャラ作りを徹底!

プライベートに必要以上に絡みたがるうざい上司には、キャラ作りが効果的です。つまり、"仕事以外では関わりたがらない"というキャラを作るのです。「こいつは仕事以外での絡みを嫌がるから誘っても意味ないな」と思わせられたらこっちのもの。
しかし、注意点がひとつあります。プライベートでの関わりを拒否する代わりに、仕事ではしっかりビジネスコミュニケーションをとるようにしましょう。そうしないと、仕事を円滑に進めていくことができなくります。

上司がうざくて嫌だけど、仕事を円滑に進めたい人は、決してケンカ腰になってはいけません。100%といっていいほど仲がこじれてしまいますので。また、ケンカ腰で対応しても何も解決しません。

うざい上司との接し方

ついついカッとなってしまいそうな時でも、言葉遣いはいつも通りで、イラついてるのを表情に出さずに、ポーカーフェイスを演じましょう。

反面教師としてうまく利用するのが吉

うざい上司をただ嫌うのではなく、反面教師としてうまく利用するのもひとつの手です。新しくできた部下に、あんな上司みたいになったら最後だよ、そう教えてあげましょう。考え方次第で、うざい上司も役に立つのです。

こんな状態に陥っていませんか?

  • 上司の顔を見るたびストレスが溜まる…
  • 一刻も早くうざい上司から離れたい…
  • 本当に上司がうざくてもう限界…

色々な方法を試みたけれど、根本的な解決につながらない。いっときは落ち着けるものの、結局は同じ事の繰り返しになってしまう。そんな人におすすめしたい対処法を紹介します。

ここではあくまでも最終手段として紹介しますので、現在の職場での立ち位置や、今後の将来的なビジョンも考えたうえで検討してみてください。

1.完全に無視して割り切って働く

自己中心的で気分屋なうざい上司には、最終手段「スルー」をしましょう。どんな対策を施しても、上手くやっていくのが難しい時があります。そんな時は、うざい上司の言動・行動に目を伏せてスルーすれば、そこまで気にならないでしょう。
しかし、"無視するのは人としてどうなのか"といった一面もあり、全面的におすすめはできないので、本当にどうしようもない場合に限った最終手段として行使してください。

2.さらに上の立場の人に相談する

うざい上司のせいで仕事や体調に影響が出てしまっては元も子もありません。その上司から離れる事で、ストレスなく健康に働けるのであれば、イチ早くうざい上司のいない環境に移る方が良いでしょう

そんな時に有効なのは、そのうざい上司よりももっと上の立場の人に相談すること。話しにくいという人も多いかもしれませんが、自分のためにも会社のためにも上司のためにも、きちんと現状を話した方が得策です。

上手く行けば部署異動や配置換えなどを検討してもらえるかもしれません。それが難しい場合でも、うざい上司に対して態度を改めるよう指示がいくかもしれません。思うように取り合ってもらえない可能性もありますが、相談してみる価値はあるでしょう。

3.最終的には転職を検討する

今は1つの仕事を長く続けるほど偉いという時代は終わり、キャリアアップを目指してどんどん転職をしていく人も少なくありません。「総務省統計局のデータ」にもある通り、転職者数は2010年以降はずっと増え続けています。

上司が本当にうざくて誰も助けてくれない時は、いち早く転職を検討しましょう。迷っている時間にもどんどんストレスが溜まり、精神的にも健康的にも良くありません。うざい上司が異動・退職するのを待っているだけ時間のムダ、さっさと転職を検討して快適な職場へ移りましょう

うざい上司から離れるために転職を検討するといっても、やはり色々な不安が伴うのは当然のこと。

転職時に不安になること

  • 給与面で今までよりも下がるんじゃ…
  • 次の職場にもうざい上司が居たら嫌だ…
  • そもそも転職できるかどうか不安…

そんな不安は事前に「転職エージェント」を使うことで解決できます。業界大手の転職エージェントは、企業に直接訪問して通常の求人票では把握できない職場情報を入手しているため、事前のリサーチが可能です。

この職場情報は入社後のミスマッチ軽減に役立つため、把握した上で企業を選択できたかどうかで転職満足度も大きく変わるでしょう。

一般的な転職エージェントで受けられるサービス4つ

とりあえず無料登録~話を聞いてもらうだけでもOK

転職エージェントの入り口は、まずはカウンセリングから始まります。現在の仕事環境・給与や勤務地を含めた理想の職場環境・将来のビジョンなど、どんな事でも親身に相談に乗ってもらえます。

うざい上司に耐えながら現在の仕事を続けるか、ハローワークや転職サイトで自分で探すか、転職エージェントに優良かつ理想の職場を紹介してもらうか。後悔しない選択を考えてみてはいかがでしょうか。

職場の雰囲気やどんな人が働いているかは、企業にしっかり訪問している転職エージェントしか知りません。求人を選ぶ際に職場情報を教えてくれる転職エージェントはこちらです。

doda(デューダ)

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • 4.2

口コミ数:57

doda(デューダ)
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 22.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 優良かつ一般公開されていないプレミアムな非公開求人が豊富!

  • 丁寧かつハイレベルなサポートで転職者満足度No.1!

  • 2名のアドバイザーがあなたと企業を結び付けてくれる!

「doda」は、一人ひとりの"はたらく"を親身に考えて転職をサポートしてくれるため、ミスマッチが起きないように、企業の情報をしっかり入手しています。職場の雰囲気から詳しい仕事内容まで、あらゆる貴重な情報を教えてくれますよ。

特にカウンセリングに力を入れているので、現職のウザい上司についての悩み相談でもOK。自身にとっての最適な職場環境について、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

マイナビエージェント

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 3.9

口コミ数:97

マイナビエージェント
地域 関東,東海,関西,九州 対象年齢 10代〜30代
タイプ エージェント 平均年収UP額 27.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • 企画・マーケ
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 20代から信頼されている転職エージェントで堂々のNo.1!

  • 企業の人事との間に太いパイプを持っているので転職が有利に!

  • 職務経歴書の添削や面接対策に圧倒的強み!

20代から高い信頼を集めている「マイナビエージェント」全国の企業にわたって、人事と直接繋がりをもっていることが多いため、会社のあらゆる詳細な情報を網羅しています。

転職と言えばマイナビと言われるぐらいに有名なサービスなので、安心感と信頼面ではお墨付き。こちらも人材業界のプロが揃っていますので、自身の職場環境について相談に乗ってくれること
でしょう。

リクルートエージェント

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 3.9

口コミ数:71

リクルートエージェント
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 13.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 業界No.1の求人数と転職成功実績あり!

  • 業界・職種に専門知識を持つ経験豊富なアドバイザーが徹底サポート!

  • 応募企業の本当の実態が分かる「AGENT Report」が情報収集に役立つ!

転職業界で求人数と実績でNo.1の「リクルートエージェント」「AGENT Report」という、リクルートエージェントだけが持っている企業の情報があるため、情報収集に非常に役立ちます。

ご存知、東証一部上場のリクルートグループなので、あらゆる業界・業種の情報を持っていると考えて良いでしょう。つまり、もしも転職した後でも事前情報とのミスマッチが起きる可能性が低いのです。

女性

うざい上司はおそらくどの職場にもいるでしょう。上司も人間ですので、人間関係で好き嫌いがでるのは仕方がないものです。いくら上司がうざくても仕事をしていく以上、それなりに上手く付き合っていかなければなりません。そのため、うざい上司の特徴に合わせて適切に対処するようにしましょう。

ただし、覚えておいて欲しいのは「他人はそう簡単には変わらない」ということ。うざい上司がある日突然いい人になる事は、基本的にはありません。

うざい上司と一緒に仕事を続けて、本当にストレスを溜め込んで体調を崩してしまう前に、最善の方法を考えてみてください。割り切って働く・誰かに相談する・転職エージェントを利用して快適な職場へ移るなど、いろいろな方法を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事で紹介したサービス

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ