【会社を辞めたいあなたへ】8つの理由別に本当に辞めるべきかを解説

  • 退職
  • 人間関係
  • 年収
高田晃一顔写真
この記事のアドバイザー
就活コンサルタント
高田晃一

東京理科大学大学院修了後、東証一部上場の某電機メーカーに入社。通信技術の研究職と技術者の採用業務に従事。その後、人材ベンチャー企業に入社。採用活動コンサルタントとして企業への採用業務代行と採用活動の支援業務を行っている。これまで100社以上の採用活動を支援してきている。就職活動コンサルタントとしては、新卒と中途を合わせて22,000名以上の求職者の内定獲得を支援してきている。

目次

  1. 会社を辞めたいと思ったことがある人は98%も!
  2. 会社を辞めたいと思う8つの理由
  3. 会社に残るべき人と会社を辞めるべき人の違い
  4. 今の会社を辞めずに不満を解消する方法
  5. 会社を辞めるべき人は何をすればいいか
  6. まずは自分が会社を辞めるべきなのかを慎重に判断しよう
頭抱えている

現在勤めている会社を辞めたいと思っている人は、多いのではないでしょうか。株式会社キャリアデザインセンターの調査によると、社会人になってから会社を辞めたいと思ったことがある人は、なんと約98%にものぼります。大多数の人が、少なくとも一度は、会社を辞めたいと思ったことがあるわけです。それでは、どんな理由で辞めたいと思っているのでしょうか。

▼参考資料

ダメ

会社を辞めたいと思う人は多いですが、辞めたい理由は人によってさまざまでしょう。理由としてよく挙げられるものを、以下で8つご紹介します。

1.人間関係に悩んでいる

人間関係に不満を抱えている人は多くいます。株式会社キャリアデザインセンターの同調査によると、会社を辞めたいと思った人の約30%が、人間関係が理由で辞めたがっているという結果もあります。

会社にいる人たちは、必ずしも仲のいい人ばかりとは限らないうえ、一緒にいる時間が長いです。そのため、プライベートでの付き合いに比べて、不満を持ちやすいといえるかもしれません。

人間関係に関する具体的な悩みとしては、上司から怒鳴られる、自分の変な噂を流される、同期が足を引っ張ってくるといったものがあるようです。すでに部下を持っていたり、後輩の教育係になったりしている場合は、自分と距離をとられているという悩みもあるようです。

2.自分の収入に不満がある

収入への不満から、辞めたいと思う人も多いのではないでしょうか。「仕事と給料が見合っていない」「給料アップが見込めない」「同業界の平均よりも低い」といった意見があるようです。お金を稼ぐために仕事をしている人も多いと思うので、肝心の給料を満足にもらえないとなると、どうしても、モチベーションが下がってしまいますよね。

加えて、収入は勤めている会社によって、ある程度決まってしまいます。大幅に収入を上げたければ、会社に留まったままでは難しいといえるでしょう。

3.残業などを含めた労働時間が長すぎる

毎日夜遅くまで残業をして、休日出勤もあるという状態だと、いくら仕事にやりがいを感じていても、今の会社で働き続けるのは難しいかもしれません。なにより、体調を崩す危険があります。特に、そもそも長時間の残業を前提とした業務量を課されているのであれば、自分の責任よりも、上司や経営者の責任が大きいといえるでしょう。

4.仕事内容が希望していたものではなかった

自分がしている仕事が好きになれないと、苦痛に感じるでしょう。人によっては、「友人は楽しそうに働いているのに・・・」と思うかもしれません。お金を稼ぐ手段と割り切れれば精神的な負担は減るかもしれませんが、仕事自体へのモチベーションが下がった状態で働き続けるのは、簡単ではありません

5.会社の将来性が不安で働き続けられる気がしない

下降線

経営陣が行き当たりばったりの企業運営をしていて、会社のビジョンが見えないと思っている人はいるでしょう。また、何年も連続で赤字を出しているような企業であれば、倒産するかもしれないといった、切実な不安感があるかもしれません。将来性のなさは、自分ひとりの努力で改善することが難しいので、会社に勤め続ける気持ちが薄れやすいでしょう。

6.自分の人事評価に納得できない

「上司から不当な扱いを受けている」「他の人と比べて自分に対してだけ異常に厳しい」と感じる人もいるでしょう。人事評価においても、自分の評価に不満を感じれば、モチベーションが大きく下がりますよね。そもそも評価の基準が分からない、昇格させるつもりがないといった状況の会社も存在するかもしれません。

7.家庭の事情で仕事ができない

出産・育児や、両親の介護、家業を継ぐといった事情がある人もいるでしょう。特に介護などは、仕事が順調だとしても、両親が倒れたりして、突然対応に迫られる場合もあります。仕事をしながら家庭のことも両立していくのは、無理だと思っている人は多いでしょう。

8.なんとなく辞めたい

特に理由はないものの、なんとなく辞めたいという人もいるかもしれません。一応理由はあるとしても、「月曜日がつらい」「仕事に飽きた」「海外に行きたい」「働かないで暮らしていきたい」といった、気分的に嫌になったという場合も含まれます。自分の気持ちに正直になるべきなのか迷っている人が多いのではないでしょうか。

就活コンサルタント高田晃一
給与面・社風・待遇面での問題解決は時間を要するうえ難しい
高田晃一顔写真

給与や社風、待遇を個人の力で変えるのは、かなり難しいのが現実です。上層部に申し出たところで、ネガティブな印象を与えてしまうリスクが非常に大きい。これはご自身が仕事をものすごく頑張って変えて行くことが、最も早い実現の方法だったりします。しかし、ここまでのモチベーションがあなたにあるのでしょうか?そこのところから考えてみましょう。そのためには、そもそも、その会社に入社した理由や成し遂げたいと考えていたことをもう一度思い出してみましょう。

ポイント

会社を辞めたい理由にはさまざまなものがあります。ただ会社を辞めたいと思っている点は同じでも、急いで辞めるべきではない場合もあれば、辞めることを優先的に考えるべき時もあります。それでは、それぞれどんな場合が該当するのでしょうか。

現職のままでも不満が解消する可能性のある人

「会社を辞めたいと思う8つの理由」でご紹介したもののうち、辞めることを最優先に考えるよりも、現職に留まったまま不満を解消する努力をすべき、場合と理由は、以下の場合です。

・自分の人事評価に納得できない→自分の努力で解決できる可能性がある
・家庭の事情で仕事ができない→辞める前にまずは会社に相談してみるべき
・なんとなく辞めたい→他の会社に移ったからといって問題が解決するわけではない

会社を辞めないと不満が解消しない可能性が高い人

一方、会社を辞めないと、不満が解消しない可能性が高い場合もあります。上記でお伝えした、「人間関係に悩んでいる」「自分の収入に不満がある」「残業などを含めた労働時間が長すぎる」「仕事内容が希望していたものではなかった」「会社の将来性が不安で働き続けられる気がしない」は、自分の努力で解決できる可能性が低いです。他の会社に移った方が、早く不満が解決できるかもしれません。

就活コンサルタント高田晃一
転職後の会社でも同じ事を繰り返さないよう注意
高田晃一顔写真

辞めようとしている理由が前回のときと同じ理由でしたら、「前回の反省が全く活かされていないね」「全く成長していないね」ということで、その後の転職活動が難航することは確実です。これではいけません。同じことを繰り返さないようにはまず、ご自身の今の会社での仕事のやり方から自発的に変えてみることをオススメします。ちょっと変えてみることによって、人間関係がさらに良くなったり、仕事の質が高まったりすることが、結構多くあります。

ビル

会社を辞めない方がいい場合、具体的にどのようにすれば、不満を解消することができるのでしょうか。該当する3つの理由について、それぞれ、対処法を説明していきます。

「自分の人事評価に不満がある」の対処法:自分に問題がないか振り返る

人事評価は、昇格・昇給にもつながるので、予想よりも低いとガッカリする人が多いでしょう。しかし、評価が低い理由は、自分に責任があるかもしれないのです。

例えば、自分では評価が低いと思っていても、周りからの評価はそこまで高くないこともあります。他人から見れば、人事評価は適正な場合もあるのです。また、周りの空気に溶け込めておらず、チームの雰囲気を悪くしている可能性もあります。

まずは、自己評価と人事評価に違いがないか、チームの雰囲気を乱すような行動をとっていなかったか、といったことを確認しましょう。もし、自分に問題点が見つからなかった時に初めて、会社を辞めることを考えましょう。

「家庭の事情」の対処法:会社と両立するための手段を考える

時間的な制約で家庭との両立ができず、会社を辞めることを考えている場合、産休・育休や、介護休暇の申請を考えてみましょう。フレックスタイム勤務を導入している場合は、自分に適用してもらえるかを上司に相談しましょう。

転勤などで、実家から遠くなってしまっているなど、距離的な制約が原因で辞めることを考えている場合、実家の近くの支社や支店などに異動できるかを相談してみましょう。

「なんとなく」の対処法:まずは辞めたい理由を明確にしよう

「なんとなく」で辞めたいと思っている人は、理由が不明確なのが大きな問題です。そもそも辞めるべきなのかも判断できていません。もし、あいまいな理由で辞めてしまって、後から辞めるべきでなかったと気づいた場合、大きな後悔をすることになります。
なんとなく辞めたいと思っている人は、まずは辞めたい理由を明確にしましょう。明確にした結果、出てきた理由が本当に辞めるに値するのであれば、改めて退職するかどうかを考えましょう。

辞表

会社を辞めるに値する理由を、現時点で持っている人は、退職することを考えてみましょう。現職で不満を解消しようとするよりも、早く問題が解決する可能性が高いからです。現在の会社を辞める方向で考える場合、当面は就職しないという人もいるかもしれませんが、大多数の人は、次に働く会社を探し始めるでしょう。つまり、転職活動をすることになります。

転職した方がいい人には転職エージェントへの相談がおすすめ

自分で、最終的に会社を辞めるかどうかの決断をするのが不安な場合でも、転職エージェントを利用することができます。また、転職活動をすると決めた人にも、転職エージェントを利用するメリットは多いです。

転職エージェントは、転職することが前提でないと利用できないというイメージがあるかもしれませんが、実は、会社を辞めるべきかの相談にも乗ってくれるのです。自分ひとりで決断することに少しでも不安がある人は、気軽にエージェントに相談してみましょう。

一人で転職活動をすることに特に不安がなければ、自力で求人探しや選考対策をしていくことはもちろん可能です。しかし、求人探しや選考対策は、働きながら転職活動をしようとする人には、時間的な負担が大きい部分があります。転職エージェントを頼ると、自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、選考対策に役立つアドバイスももらえるというメリットがあります。

自分に合った会社に転職したい人におすすめな3つのエージェント

「doda」は、10万件以上の求人数を誇る転職サービスです。多様な業種・職種の求人があり、大手・優良企業や高年収・好条件の企業も扱っているので、現在の会社への不満に応じた企業を見つけることができます。非公開求人には、ピンポイントで職種を指定している求人も多いので、マッチングを重視している人にはおすすめです。

doda(デューダ)

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • 4.2

口コミ数:57

doda(デューダ)
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 22.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 優良かつ一般公開されていないプレミアムな非公開求人が豊富!

  • 丁寧かつハイレベルなサポートで転職者満足度No.1!

  • 2名のアドバイザーがあなたと企業を結び付けてくれる!

「リクルートエージェント」は、転職支援実績がNo.1の転職エージェントです。アドバイザーが、一人ひとりの経歴や希望を聞いて、ニーズに合った求人を紹介してくれます。面接官に直接聞きづらい、残業時間や社風などの情報も、アドバイザーが教えてくれるため、入社後のミスマッチが少ないです。

リクルートエージェント

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 3.9

口コミ数:71

リクルートエージェント
地域 全国 対象年齢 10代〜50代
タイプ エージェント 平均年収UP額 13.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • ITエンジニア
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • クリエイティブ
  • エンジニア
  • 経営・管理職
  • その他
  • 業界No.1の求人数と転職成功実績あり!

  • 業界・職種に専門知識を持つ経験豊富なアドバイザーが徹底サポート!

  • 応募企業の本当の実態が分かる「AGENT Report」が情報収集に役立つ!

「ハタラクティブ」は、20代を中心とした転職サービスです。若年層専門のアドバイザーが、求人を一方的に押し付けるのでなく、丁寧に話を聞きながら、自分に合った会社を一緒に探してくれます。また、実際に取材をして職場の雰囲気や仕事内容を把握しているので、今の会社にミスマッチを感じている20代にとっては、安心です。

ハタラクティブ

  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • 4.1

口コミ数:45

ハタラクティブ
地域 関東,東海,関西,九州 対象年齢 10代〜20代
タイプ エージェント 平均年収UP額 35.0万円
対応職種
  • 営業
  • 販売・サービス
  • 企画・マーケ
  • WEB
  • 事務・管理
  • エンジニア
  • その他
  • 20代(第二新卒・既卒)の書類選考通過率は90%以上で内定率は80.4%!

  • 利用者の半数以上があらゆる業界の上場企業へ転職!

  • 確かなアドバイスとノウハウで60,000名以上の転職に成功!

就活コンサルタント高田晃一
辞める理由と次の職場に望むことをエージェントに洗いざらい話す事が重要
高田晃一顔写真

まず、あなたご自身で今の会社でまずかったことを転職エージェントの方に全て話しましょう。些細なことでも話すのです。そして、次の会社で望むことを全て話します。もちろんあなたご自身も転職活動をしながら、同じ失敗を繰り返さないように自己の研鑽を励むのです。これらを汲み取った転職エージェントの方が、これまでのあなたの反省を踏まえた会社を紹介していただけます。次こそは成功するよう、社風や仕事のやり方など、転職エージェントの方と入念に話し合いましょう。

「今の会社を辞めたい」と思っている人は多いと思いますが、実際に辞めるべきかどうかは、辞めたい理由によって変わってきます。 「自分の努力で解決できる可能性があるか」「他の会社に行けば目に見えて状況が変わるか」といった点を判断基準として、自分の場合は会社を辞めるべきか、残るべきかを考えてください。

もし、自分で辞めるかの判断がつかない場合、転職エージェントに相談してみるという方法があります。転職を前提としていなくても相談できるので、ぜひ利用してみてください。

この記事で紹介したサービス

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ