未経験の既卒でも正社員になれる?おすすめの求人の探し方を伝授!

  • 既卒
  • 未経験
  • 20代

目次

  1. 未経験の既卒から正社員への就職は厳しい?
  2. 既卒でも未経験から正社員になれる求人の探し方
  3. 「就職エージェント」から正社員求人を紹介してもらう
  4. 「就職求人サイト」で正社員求人を見つける
  5. 「ハローワーク」や「indeed」はあまり既卒に向いていない
  6. 【Q&A】正社員になりたい既卒からよくある質問
  7. 既卒でも未経験から正社員になりたい人はエージェントを頼ろう!
男性

「既卒だから正社員は無理だろう」と半ば諦めモードになっていませんか。たしかに、既卒の就活は厳しいといわれていますが、それは新卒だろうと転職者だろうと変わりありません。既卒だからを言い訳に、正社員になれないなどと思わないようにしましょう。

既卒を採用したい企業は5年で約50%まで増加

グラフ

そもそも、既卒の就活が難しいといわれていた理由は、応募できる企業が少なかったからです。「労働経済動向調査(平成25年8月)」によると、既卒者の応募を可能としていた企業はたったの30%でした。しかし、5年後の「労働経済動向調査(平成29年8月)」では、約50%まで上がっています。約半分の企業が既卒を受け入れているからといって、簡単だとはいませんが、昔ほどの厳しさはないといえるでしょう。

▼参考資料

女性

それでは、未経験の既卒から正社員を目指せる求人の見つけ方をご紹介します。これまで、未経験の既卒からでも正社員になれる求人を見つけられなかった人は、探し方に問題があるのかもしれません。これを機に、簡単かつ効率的な求人の見つけ方を知り、既卒を歓迎している企業への応募を進めていきましょう。

女性

最もおすすめできる、「就職エージェント」からご紹介します。就活支援のプロが既卒向けの求人を探して紹介してくれるため、自分で探す手間がかかりません。その上、キャリアカウンセリングを行なった結果を元に紹介してくれるため、自分の希望と求人とのミスマッチが少ないです。
最近は、エージェント経由でしか採用活動を行わない企業が増えているため、就職エージェント使わないだけで知ることすらできない求人もあります。登録・利用は無料なので、ぜひ相談してみください!

関連記事はこちら

7b1ce3d73b70f1a7246e7b76a35fb552

既卒に強い就職エージェント比較5選|フリーター就活におすすめ

ハタラクティブ:未経験OKの企業だけで1,500件以上

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は20代のフリーターや既卒、未経験から正社員を目指す人を対象とした求人を扱っています。既卒を採用したい企業の求人を紹介することで、過去の経歴が不利にならないため、書類審査率91.4%、内定率80.4%を誇ります。さらに、ハタラクティブ経由で就職した人の約半数が大手企業に行っているという実績までもあります。
紹介する企業はすべて取材済みで、社内の雰囲気や仕事内容をしっかり把握しているため、ミスマッチが少ないのも特徴。
高い内定率を誇りつつ、未経験OKの求人にたくさん応募したい人はハタラクティブで間違いないでしょう!

ウズキャリ既卒:ブラック企業が圧倒的に少ない

ウズキャリ既卒

「ウズキャリ既卒」は29歳以下に限定されますが、既卒からの正社員就職サポートに特化したエージェントです。他社より10倍時間をかけて、個別で丁寧に就活サポートをしてくれるため、内定率は86%、定着率は93%という業界トップクラスの数字を実績として出しています。
紹介する求人に関しては、過去に入社した先輩たちから残業時間やハラスメントの有無などを確認し、自社独自の厳正な基準でスクリーニングしているため、ブラック企業は排除されています。
ハタラクティブより求人数は劣りますが、より質のいい求人を紹介してもらいたい人は、ウズキャリ既卒も外せません!

パソコン

次におすすめする、未経験の既卒から正社員就職できる求人の探し方が、「就職求人サイト」です。就職求人サイトは就職エージェントとは違って、ほぼ自力で求人を探さなければなりません。しかし、登録しなければ見られない非公開求人などもあるため、使って損はないでしょう。
就職エージェントと併用する、という使い方がおすすめですよ。

リクナビダイレクト

リクナビダイレクト

既卒向けの就職求人サイトで、まず使ってほしいのが「リクナビダイレクト」。リクナビが運営している既卒版の就職求人サイトで、自分で求人を探すだけでなく、登録したプロフィールからマッチする企業が紹介され、その企業を書類選考なしで受けられる仕組みになっています。既卒者を理解し、採用意思のある企業がなんと10,000社以上もあるため、求人で困ることはほぼないでしょう。
10,000社以上の既卒対象の求人から、自分に合った1社をしっかり吟味しながら選びたい人におすすめです!

いい就職.com

いい就職

「いい就職.com」は国内最大級の既卒・第二新卒の就職応援サイトとして、10年以上運営されている老舗です。既卒・第二新卒で就職をした先輩の数は10,000人以上、正社員応募ができる求人掲載数は5,000社以上もあります。既卒を対象とした求人はすべて正社員採用に限定しているので、いい就職.comを使って就職すれば、正社員は確実です。
就職求人サイトですが、希望すれば就職エージェントと同じように就活をサポートしてくれるため、安心ですよ。

女性

既卒の求人を探す方法には、「ハローワーク」「indeed」などのサイトもありますが、どちらもあまりおすすめできません。
ハローワークは国が設置している分、求人数はトップクラスですが質がいいといえません。平成28年度は、求人票と実際の労働環境が異なるとのクレームを、約10,000件受けたようです。一方で、indeedは「既卒」で検索をかけると5万件以上がヒットしますが、サイト自体の使いづらさを不便に感じてしまうでしょう。「既卒不可」などもヒットするため、目当ての求人を探しづらいです。
色々試したけど、どうしても既卒の求人が見つからない場合に限って、利用を考えてみてください。

▼参考資料

Q1.新卒向けのナビサイトも使って大丈夫ですか?

新卒向けで毎年公開されている、「リクナビ」や「マイナビ」にも、既卒向けの求人は掲載されているため、使ってもまったく問題ありません。しかし、あくまでも新卒向けのナビサイトになるため、既卒向けの求人サイトよりも求人数は少ないです。情報収集の一環として使うといいでしょう。

Q2.面接でよく聞かれる質問はありますか?

面接でほぼ聞かれる、既卒ならではの質問は2つあります。1つ目は「なぜ既卒になったのか」、2つ目が「卒業後は何をしていたのか」です。面接官は、既卒に対して「怠けて既卒になったのではないか」「卒業した後もフラフラしていたんじゃないか」と懸念を抱いてます。裏を返せば、この2つの質問の答え方次第で印象をプラスにできますので、面接官が納得できるような答えを用意しておきましょう。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

既卒面接の質問はこれをおさえておけば大丈夫!頻出質問5選と回答例

男性と女性

既卒を採用している企業は増加しているため、未経験であっても就職できるチャンスは広いです。未経験からでも正社員を狙いたいのであれば、既卒向けの求人を探して応募しなければなりません。正社員募集をしている既卒向けの求人を探すときは、就職エージェントと就職求人サイト使うと効率的なのでおすすめです。特に、就職エージェントには既卒を採用したい企業の求人が数多く寄せられており、一般のサイトには公開されていない非公開求人もあるので、非常に役立ちますよ。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ