【上司を納得させる】円満退職を実現させる理由と伝え方

  • 退職

目次

  1. みんなの"本当の退職理由"って何?
  2. 円満退職をしたい人は理由によっては本音を避けた方が良い
  3. 円満に退職できる理由はコレ!
  4. 退職理由だけでなくどう伝えるかも大事
  5. 転職エージェントに相談して円満退職のアドバイスをもうという選択肢も
  6. 円満退職したい人は退職理由と伝え方に気を付けよう

「退職したい...」

仕事をしていればそう思ってしまうことが多々あるでしょう。しかし、何がきっかけで退職したいと思うのかは人それぞれです。
実際に退職した人たちは、何が原因で会社を辞めたのでしょうか?

退職理由のトップは「給与が少なかった」

厚生労働省の「平成28年 雇用動向調査」によると、退職理由のトップは「給料等収入が少なかった」でした。このことから、お金に関する不満を抱いている労働者が多いことが分かります。仕事に対する報酬(対価)は給料なので、見合った額がもらえない状況が続くと退職を考え始めるのでしょう。

その他の退職理由はこちらです。

退職理由TOP5

1位:給料等収入が少なかった / 22.1%
2位:労働時間、休日等の労働条件が悪かった / 21.8%
3位:職場の人間関係が好ましくなかった / 19.3%
4位::会社の将来が不安だった / 13.3%
5位:会社都合 / 11.6%

※男女のパーセンテージの合算で順位付け
※「定年・契約期間の満了」は除く

▼参考

上記で実際の退職理由を見ましたが、いずれかに当てはまる人は多いのではないでしょうか。しかし、その退職理由をそのまま伝えて良いのか、そこが一番大きな疑問点でしょう。
結論からいうと、上記のような退職理由は伝えない方が良いです。たとえそれが本音であってもです。嘘をつけということではないですが、円満退職をしたいのであれば「本音」と「建て前」を使い分けましょう。

不平不満をぶつけると喧嘩別れになる可能性も

退職理由として上司や会社に「給料が低いから辞めます」「残業が多くて辛いので辞めます」などの不平不満を伝えてしまうと、円満どころか喧嘩別れになってしまう可能性が高くなります。また、「給料を上げる」「定時で帰れるようにする」などで会社から引き止めにあうかもしれません。

円満に退職するには理由が重要になります。そういう退職理由だったら仕方ないね、そう思わせなければなりません。以下が円満退職を実現する退職理由になります。

円満退職を実現しやすい退職理由

  • 親の介護
  • 家業の引継ぎ
  • 結婚
  • キャリアチェンジ

これらの理由は会社側がどうこうできる問題ではないので、認めざるを得ないでしょう。会社側は何も悪くなく、自己都合の退職であることを主張できるので揉めるリスクは低くなります。

退職時のルール

上記の理由を述べるだけで円満退職できるのであれば簡単です。しかし、実際はそう上手くはいきません。「円満退職ができる理由+どう伝えるか」も重要になります。極端な例ですが、ケンカ腰で「親の介護があるので辞めます」といっても会社から反感を買うだけでしょう。

退職理由を印象良く伝える方法をご紹介します。

メールや電話ではなく"直接"伝える

まず、大前提として退職する旨はメールや電話ではなく"直接"伝えましょう。通常のメールやLINE、休みの日や退社後に電話などで伝えるのは失礼ですし、社会人としてのマナーが欠けているという風に思われてしまいます。
さらに相手の顔が見えないと伝え方によっては誤解を生んでしまうことがあるので、必ず面と向かって話すようにしてください。

曖昧な表現ではなく"明確"に伝える

伝え方が曖昧だと、会社から言いくるめられて引き止めにあうかもしれません。しかし、なぜ退職したいのかを明確にしてその根拠を用意しておけば、つめられても一貫した姿勢で話し合うことができます。
曖昧な理由で会社を辞めようとしていることが知られると印象はよくないですし、仮に辞められたとしても円満とは言えないでしょう。退職理由に筋をもたせるのが大事なのです。

丁寧な言葉遣いで落ち着いて話す

雑な言葉やケンカ腰で退職理由を伝えても何もいいことはありません。会社から印象悪く映ってしまうだけです。
そのため、丁寧な言葉遣いで落ち着いて話すことを意識しましょう。それだけで誠意は伝わるものです。退職を軽々しいものだと考えていないという姿勢をみせることもできます。

関連記事はこちら

D41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e

円満退職をしたい人が知っておくべき伝え方のポイントと注意点

転職エージェントのカウンセリング

円満退職をしたくて色々調べて自分なりに考えてみたが、やっぱり不安。そう感じる人は転職エージェントに相談するといいかもしれません。転職エージェントは転職サポートだけでなく、円満退職を実現するためのアドバイスもしてくれます。どのタイミングで切り出すのがベストなのか、退職理由はどの順序で伝えるべきなのか、業務の引継ぎのポイントなど、あらゆる面をサポートしてくれます。

doda

デューダ

「doda」の転職サポートはとにかく親身かつ丁寧であり、転職者からの満足度が非常に高いです。2人の担当者が転職支援から退職フォローまで、疑問に答えてくれながらサポートしくれます。
非公開求人も豊富であり、その多くが高年収かつ優良企業である点も魅力ある特徴です。転職先選びで困る心配はないでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」転職支援実績No.1なので、経験豊富なアドバイザーが多数在籍しています。転職支援が多いということは、それだけ多くの転職者の退職をフォローしたことでもあります。円満退職実現に向けて、的確なアドバイスをもらえるでしょう。
また、提出書類の添削や面接対策などもすべてサポートしてくれるので、安心して任せることができます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」はとくに20代からの信頼が厚く、はじめての転職者を積極的にサポートしています。退職の経験がない転職初心者に一からアドバイスをくれるので、転職に対する不安や疑問はしっかり解決できます。
20代で初めて転職するという方はぜひ相談してみるといいでしょう。

円満退職を実現するための理由と伝え方をみてきましたがいかがでしたか。
退職を申請してからすぐに辞めれるわけではないので、険悪な雰囲気の中で退職日を迎えるまで働くのは嫌ですよね。
円満退職は簡単ではないですが、ここで紹介した方法を実践すれば失礼にはあたりません。どうしても不安なのであれば、転職エージェントに相談して円満退職のコツを教えてもらいましょう。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ