【既卒とは】就職を成功させたい人が知っておくべき既卒のすべて

  • 既卒

目次

  1. 既卒とは「学校卒業後に新卒として就職をしなかった人」
  2. 既卒は3年以内であれば"新卒扱い"される
  3. 既卒を受け入れてくれる企業は増加傾向にある
  4. 既卒は新卒と比べて不利になるってほんと?
  5. 既卒で内定を獲得するには企業が抱くネガティブイメージの解消が必要
  6. 既卒でも使い勝手がいいおすすめの就職エージェント
  7. 既卒とは学校卒業後に就職しなかった人!就活が厳しい場合はすぐにエージェントへ

「あれ、自分って既卒になるんだっけ?」
「既卒って学校を卒業した人全員のことでしょ?」

こんな疑問を抱えていませんか?
既卒とは以下のような人たちを指す言葉になります。

厚生労働省はこのように定義していますが、少し分かりづらいですよね。一般的な解釈で簡単に説明すると、既卒とは「学校卒業後に新卒として就職をしなかった人」になります。

※既卒の定義は、厚生労働省が調査の一環で定義付けしているだけで法律で定められているわけではない。したがって、企業によって解釈に違いが出る場合がある。

第二新卒と混同しないように注意!

既卒とは学校卒業後に新卒として就職をしなかった人でしたが、第二新卒と間違われることが非常に多いです。第二新卒は以下のような人たちを指します。

第二新卒とは

  • 学校を卒業後、新卒として入社したが3年以内に職場を早期離職した人たち

第二新卒と既卒は採用市場での扱われ方が大きく異なりますので、自分がどちらに該当するかは明らかにしておく必要があります。両者の違いをしっかり理解しておきましょう。

▼関連記事

既卒の特筆すべき特徴は他にもあります。それは、「既卒は3年以内であれば"新卒扱い"される」ということです。平成22年11月に厚生労働省から通達がありました。つまり、学校を卒業後3年以内であれば企業が募集する新卒枠に応募できるのです。
しかし、1つ注意点があります。それは、既卒は新卒ではなく"新卒扱い"されるということです。新卒扱いされるだけで、既卒である事実は変わりません。そのため、新卒枠に応募する際は新卒ではなく既卒を名乗るようにしましょう。

▼参考

既卒者を受け入れてくれる企業は実際のところどのくらいあるのでしょうか。
「平成25年 8月労働経済動向調査」によると、既卒者の応募を可能としていた企業は30%でした。一方で、5年後の「平成29年 8月労働経済動向調査」では46%となっています。まだ半分に満たないですが、既卒を受け入れてくれる企業は増加傾向にあるといえるでしょう。

※以降、「平成29年 8月労働経済動向調査」は「同調査」と表記する

▼参考

既卒者の年齢を制限していない企業は意外と多い

次に、既卒を受け入れてくれる企業が年齢制限を設けているかどうかを見ていきましょう。同調査によると、約7割の企業が既卒者の年齢に制限を設けていないようです。つまり、極端な話ですが条件を満たせば50歳でも既卒となりえるのです。既卒であっても優秀な人材であれば何歳でも欲しいというのが企業の本音でしょう。
反対に、年齢制限を設けている企業は約3割となっており、その内訳は以下のようになっています。

※参考:平成29年 8月労働経済動向調査より作成

やはり20代の占める割合が圧倒的に多いですね。年齢に上限を設けるということは、できるだけ若い人材を欲していることを表しています。

卒業後の経過期間に上限を設けていない企業も多い

上記で「既卒者は3年以内は新卒扱いされる」といいましたが、実際のその扱いは企業によって変わるようです。同調査によると「卒業後の経過期間に上限はない」としている企業は60%となっているようです。卒業後に就職していなければ、何年経っても既卒扱いしてくれるということです。
一方で、卒業後の経過期間に上限を設けている企業は38%でした。内訳は以下のようになります。

※参考:平成29年 8月労働経済動向調査より作成

卒業後2年は経っているが3年以内までを限界としている企業が半分以上です。1年以内でなければ既卒として扱ってくれないという厳しい企業もあります。

既卒で就職しようと思った際によく耳にするのが、「既卒は新卒と比較すると就職するのが難しい」という言葉です。これを聞いてしまうと、既卒の方は自信を無くして、悲観的になってしまいますよね。
既卒は新卒と比べて不利になるというのは本当なのでしょうか?

就職までに空白期間があることやフレッシュさの点でネガティブなイメージが

有利か不利かの二択で聞かれると、不利だといえるでしょう。
確実に不利とは言い切れませんが、既卒は企業からネガティブなイメージを持たれがちなのです。例えば、就職までに空白期間があること、新卒と比べた際のフレッシュさ(年齢)においてネガティブな印象を抱かれる傾向があります。

男性と女性

既卒は新卒と比べると、どちらかというと不利になることが分かりました。それでは、既卒になった以上どうすることもできないのか?そう思ってしまいますよね。安心してください、打開策はもちろんあります。
それは、空白期間の説明の仕方です。空白期間に何をしていたのか、そこから得られたスキル・経験、それらを仕事に活かすことができることを説明できれば問題ありません。要は、既卒中に遊んでいたのではなく、何かに取り組んで経験を積んだということをアピールするのです。そうすれば、企業があなたに抱くネガティブイメージを解消できるでしょう。

▼関連記事

就職エージェントの比較
※弊社アンケートの結果より作成

既卒の就活に不安な人は、就職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。エージェントによって持っている求人やサポートは変わるので、どこに相談してもいいわけではありません。既卒には、「既卒専門の就職エージェント」があります。そこで、既卒のあなただからこそ、使いやすいおすすめの就職エージェントをご紹介します。
エージェントBOXでアンケート(口コミ)を集めた結果、求人の質と量やサポートの評価が最も高かったのは、「DYM就職」「ハタラクティブ」のようです。

▼関連記事

DYM就職:就職率は96%!業界トップクラスの求人の質とサポート力

DYM就職

「DYM就職」の一番の特徴は、就職率96%という高い実績。これだけ高い就職率を誇っておきながら、紹介求人は一部上場企業やトップベンチャー企業など、厳選された優良企業が中心です。加えて、DYM就職を利用すれば書類選考が全て免除なので、履歴書だけで落とされることは一切ありません。
既卒の就職サポートは業界トップクラスなので、まずは相談だけでも気軽にしてみるといいでしょう。

ハタラクティブ:上場企業への就職実績が豊富ながら内定率も高い

ハタラクティブ

「ハタラクティブ」は、既卒の就職支援に特化したエージェントです。既卒はブラック企業や中小企業だけなど、就職先の幅が狭いイメージがありますが、ハタラクティブは実際に取材をした企業のみを紹介し、利用者の半数以上が上場企業に就職しているため、安心度は非常に高いです。これまでに60,000人以上の就職を支援し、独自の就活ノウハウで既卒を徹底サポートしているため、内定率は80%以上(ハタラクティブ公式サイトより)となっています。
既卒専門のアドバイザーが専任でサポートしてくれるので、アドバイスをもらうといいでしょう。

女性

既卒とは一体何なのか分かりましたね。企業によって解釈が異なる場合がありますが、一般的に既卒とは、学校卒業後に新卒として就職をしなかった人を指します。また、卒業後3年以内は新卒扱いされるという点も特徴的でした。
既卒の就活は新卒と比べると簡単ではありませんが、なぜ既卒になったのか、それが説明できる且つそこから得たスキルや経験が仕事に活かせることをアピールすれば、逆に武器にすることもできます。
どうしても不安な人はエージェントに相談して、既卒の就活を成功させましょう!

800人の評判から決定!使ってよかった転職エージェント3選

800人の評判から分かった「転職エージェントランキング」上位3社を厳選!自分にふさわしい求人に出会いたいなら、エージェントBOX推薦の3社すべてに登録されることをおすすめします。

E8f2779682fd11fa2067beffc27a9192
Small rank 1
総合点:
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 4.1
相談からの就職率は業界トップクラスの96%!それでいて、求人は一部上場企業などの優良企業を中心に、厳選2,000社も。
B090409688550f3cc93f4ed88ec6cafb
Small rank 2
総合点:
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 4.1
20代(第二新卒・既卒・フリーター)を専門に徹底サポート!ハタラクティブ独自の採用ノウハウがあるため、これまでに15万人以上の支援実績があります。
Dcf6070a4ab7f3afbfd2809173e0824b
Small rank 3
総合点:
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star1
  • Star0
  • 4.0
あなただけの"はたらく"が見つかる!年収500万以上、残業20時間以下など、dodaしか紹介できない優良求人があります。

記事についてのお問い合わせ

エージェントBOXでは、記事の内容について細心の注意を払って作成しております。万が一内容に誤りを発見した場合、以下のコンタクトフォームよりお気軽にお問い合わせください。(詳細は注意事項をご確認ください)

記事についてのお問い合わせ